生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon life生活・ライフスタイル

  1.  
  2.  
  3.  
  4. 受取や記録が必要なちょっとした物を安く送る裏技

受取や記録が必要なちょっとした物を安く送る裏技

2012年05月01日更新

 views

お気に入り

はじめに

受取や記録が必要なちょっとした荷物ってありますよね。でも、宅配便で送るのは高く付く…そんな時に安く送る裏技をご紹介します。

日本郵便の定形外郵便で簡易書留を使って送る

最大の長さが60cm以下で縦+横+奥行きが90cm以下の物は定形外郵便の簡易書留を使うのがオススメです。

ポイント1:全国どこでも一定料金

定形外郵便は郵便なので、全国どこでも同じ料金です。東京から沖縄など遠ければ遠い所に、ちょっとした物を確実に贈りたい!というときにとても役立ちます。

ポイント2:切手で払える!

家に使ってない切手が多いご家庭もあるのではないでしょうか?定形外郵便は切手が使えますので、こんな時に切手を利用しましょう!

ポイント3:こんな時にオススメ

  • オークションでの取引や物を譲る時

送料がリーズナブルで済みますし、受取確認も記録も残りますので安心。

  • ささやかなプレゼントを送る時

ティーカップなどの壊れ物も、きちんと包めば送れます。

  • ちょっと高価で心配なものを郵便で送るとき

封筒に入るけど…万が一郵便事故があったら心配…という時も安心。

注意点!

色々便利な点を挙げましたが、簡易書留にはいくつか注意点があります!よく確認して送りましょう!

届くのに時間がかかる場合があります

早く届けた方がいい物、日付の指定が必要な物は宅配便の方がいいかもしれません。速達を付けるという手もありますが、宅配便より高くつく可能性があります。計算してみて安い方を選びましょう。

追跡サービスや記録が残るのは引き受けと到着(配達完了)だけです

途中の「~の郵便局を出ました」などの記録や追跡はできません。それが必要な場合は宅配便か一般書留にしましょう。

貴重品の配送は避けて

万が一郵便事故があった場合、簡易書留は5万円までの実損額が賠償されますが、金、銀、ダイヤモンドの貴重品は一般書留でとの規約があります。賠償されない可能性もあるので貴重品は一般書留で送りましょう。

実際に計算してみて安い方を選んで

配送地域や重さによって、簡易書留の方が高く付く場合があります。遠方だと安く付くけど近場だったら宅配便の方が安いことも。ちょこっと計算してみたところ、現時点では500gまでの物が簡易書留で配達地域がどこでも安く送れるようです。

おわりに

簡易書留は賢く使えば安く送れます!安心して荷物を送れるように、色々なシステムを活用していきたいですね。

<参考リンク>
書留-日本郵便
手紙(定形・定形外)の料金計算-日本郵便

この記事で使われている画像一覧

  • 20101001133115

本記事は、2012年05月01日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

期間限定のPRコンテンツをチェック!

もっと見る