生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon mentalメンタル

  1.  
  2.  
  3. タイプ別!つらいときを乗り越える方法

タイプ別!つらいときを乗り越える方法

2015年03月03日更新

 views

お気に入り

はじめに

どんなにつらくても、いつか雲は晴れ、朝を迎えます。

ですが雲の晴らし方には大きく2つにタイプがあります。

つらさを怒りに変えたり、スタート地点にして前向きになるタイプの人とつらさによって今までの苦しみから目をそらして別の方向から前を向くタイプの人。

この2タイプのつらいことを乗り越える方法をご紹介します。

怒りに変えたり、スタート地点にして前向きになるタイプ

まずは運動

ヘトヘトになって怒る気力、エネルギーをなくしましょう。

ウォーキングよりはランニングがオススメです。いっそのことスポーツジムやボクシングジムに行くのもいいかもしれません。

そして食べる

やけ食いではありません。ただ、お腹いっぱいに食べることによって「まぁ、いっか」っとあまり気にしなくなります。

自分の好きなものや、歯ごたえがあるもの、甘いものがオススメです。

新たな目標を決める

これは今までのことを改め、再スタートするのに重要なことです。

自分磨き、趣味や睡眠で自分を十分休ませる、最近会っていなかった友人と関わる。何でも良いので自分をクリアにしましょう。

今までのことから目をそらして別の方向から前を向くタイプ

とことん泣く

ひとりで泣くのもよし、友人に愚痴を聞いてもらいながら泣くのもよし。大切なのはリラックスできる空間です。

紙に自分の心を書く

自分が思っていること、つらいこと、そのイメージ画。自問自答形式でもいいです。とにかく書き綴ってみましょう。

案外「この程度か」「そこまでつらくないような・・・」と前向きになれる可能性もあります。

自分を励ます

紙の続きに自分への励ましの言葉を書きましょう。乱れた心は落ち着いてきて、頭の中が整理できます。

他には自分の好きな言葉、好きなものを書いたり、絵にするのも立ち直る一歩へとつながります。

さいごに

どんなにつらくても過去は過去。戻ってやり直すことはできません。

できることは再スタートが別の道を歩むか。逃げてばかりではいけません。自分自身と向き合いながら、折り合いをつけて心のケアをしていきましょう。

この記事で使われている画像一覧

  • 20101002215953

本記事は、2015年03月03日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

期間限定のPRコンテンツをチェック!

もっと見る