生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon learn語学・学習

  1.  
  2.  
  3.  
  4. 英語多読の仕方

英語多読の仕方

2013年10月29日更新

 views

お気に入り

はじめに

英語ができるようになりたいと思うと、英会話などのアウトプットに目が向きがちです。

しかし、十分なインプットがなければ、どんなにアウトプットをしても十分な効果は望めません。

そこで、楽しく自分のペースで続けられるインプットの活動として、英語多読に挑戦してみましょう!

用意するもの

多読用の洋書

Oxford Reading Treeなどの英語圏の子供向けのシリーズやPenguin Readersなどの学習者向けに書かれたシリーズなど

記録用紙

『読書記録手帖』(コスモピア)が使いやすいですが、ノートやexcelで自作したシートでもOKです

やり方

STEP1

「辞書なしでも内容がだいたい(7割程度)理解できる」、「どんどん読める」と思えるレベルの本を読む。

「分かる」、「読める」、「楽しい」と思える本を読むのがポイントです。「分からない」とか「つまらない」と思うときは、遠慮せずに読むのをやめてしまいましょう。

STEP2

読破したら、記録用紙に日時、読んだ本のタイトル、読んだ本の語数、累計語数、感想を記録する。

STEP3

1と2のSTEPを繰りかえす。

おわりに

はじめは、「多聴多読ステーション」というサイトやSSS英語学習法のサイトでYL1未満がつけられているものがおすすめです。

このレベルの本はあっという間に読み終わってしまうのでコストパフォーマンスの悪さは否めませんが、背伸びは禁物です。

多読のポイントは、「辞書なしでも分かる」本を選ぶことです。背伸びをしすぎてしまうと続かなくなりますので、気をつけましょう。

(Photo by http://www.flickr.com/photos/wmjas/2427355898/)

この記事で使われている画像一覧

  • 20101004165439

本記事は、2013年10月29日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

期間限定のPRコンテンツをチェック!

もっと見る