生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon learn語学・学習

  1.  
  2.  
  3.  
  4.  
  5. 今がチャンス!ITパスポート試験 合格体験記

今がチャンス!ITパスポート試験 合格体験記

2012年11月29日作成

 views

目次

今がチャンス!ITパスポート試験 合格体験記

ITパスポート試験、最近よく耳にする資格の一つですね。「初級シスアド」と比べて簡単ですので、何か資格に挑戦してみたい方には大変オススメです。2009年に開始されたばかりの新しい資格ですので、難易度はまだそれほど高くありません。取得するなら、今がチャンスです。

1.受験のきっかけ

社会人として、パソコンの基礎知識をつけておきたいと思い、受験しました。基本的なパソコンスキルはどんな社会人であっても必須だと思いますので、キャリアアップに有利だったと思っています。

2.受験手続きの流れ

受験手続は非常に簡単です。

STEP1:個人情報を入力する

ITパスポート試験HP
上記のHPの左上の「初めて受験する方はこちら」という画面をクリックし、個人情報を入力します。

STEP2:受験申込み画面を開く

メニュー画面から「受験申込み」をクリックします。

STEP3:地域を選択

あなたのお住まいの地域(受験したい地域)をクリックします。

STEP4:希望の試験会場を選択

あなたの受験したい会場を選んで、クリックします。

STEP5:試験日・試験時間帯を選択

試験日・試験時間帯が一覧となって出てきますので、選んでクリックします。

STEP6:受験料の支払い方法を選択

受験料(¥5,100)の支払い方法(クレジットカードorコンビニ支払い)を選んでクリックします。

STEP7:受験確認票をプリントアウトし、受験当日に会場へ持参

受験申込みができたら、受験確認票をプリントアウトしましょう。これが受験票となります。受験当日には必須です。無くさないように気をつけましょう。

3.実践した勉強方法

試験2ヶ月前~

まずは基本テキストを読みこみ、理解を深めました。テキストを読むのは主に電車やバスなどの中(通勤時間)で行いました。

1章読み終える→相当する箇所の問題集を解く→間違えたところの解説を読む、テキストをもう一度読む→間違えた部分にしるしをつけておく→次の章を読み終える→(この繰り返し)

上にも書いたとおり、間違った問題は、解説を読み、相当するテキストの部分を読み返して理解を深めました。また間違った問題には付箋でしるしをつけておき、繰り返し解きなおすことで、確実に解けるようにしていきました。

試験の2週間前

試験の2週間前からは、過去問集を繰り返し解き、実力を試しました。
過去問を解く時には、時間をはかって、本番さながらの練習をしました。このおかげで、試験当日も緊張することなく落ち着いて試験に臨むことができました。

オススメのテキスト・問題集

  • テキスト

2012年版U-CANのITパスポート試験速習レッスン
通信教育で有名なあのユーキャンが発売しているものです。わかりやすく、丁寧な解説が良いと思いました。とっても見やすいです。

  • 問題集

平成24-25年度 ITパスポート 試験によくでる問題集 CBT対応 (情報処理技術者試験)
詳しい解説があるので、間違った問題は「何が間違ったのか」がよくわかり、さくさく勉強できます。

4.これから受験する人へのアドバイス・注意点

ITパスポート試験は、暗記するというよりは、「理解する」方に重点を置いた勉強法が良いと思います。試験に合格するには、100時間程度の時間が必要だといわれています。試験日から逆算して、どこで100時間とるかを考えて勉強の計画を立てると良いと思います。

きちんと勉強すれば、独学でも十分合格できる試験ですので、是非ともチャレンジしてみてくださいね。

おわりに

就職・転職・再就職などに活用できる資格だと思います。2009年に出来たばかりの新しい資格ですので、是非チャレンジしてみてくださいね。

(photo by 足成)

本記事は、2012年11月29日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

編集部おすすめ期間限定のPRコンテンツ

もっと見る