生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon cook料理

  1.  
  2.  
  3.  
  4. カボチャを使った簡単スープの作り方

カボチャを使った簡単スープの作り方

2012年05月01日更新

 views

お気に入り

はじめに

カボチャを使った料理は沢山ありますが、丸ごと一個使い切るには色んな料理方法を知っていた方がいいですよね。

そこでカボチャを使った簡単スープの作り方を書き出してみました。

材料

  • カボチャ  一個
  • コンソメ  二個 

カボチャが大きい時には調整してください

  • タマネギ  一個
  • ニンジン  一本
  • 牛乳

無ければ、スキムミルクやコーヒーフレッシュで代用可能

  • マーガリンまたはバター お好みで
  • 塩・コショウ・砂糖 適量

作り方

まずはペーストを作ってきます。

STEP1:

カボチャを下ごしらえします。カボチャの皮は、気になる部分だけ落とせば、後は使えます。種とワタを外して三センチ角くらいを目安に切ります。

ミキサーやフードプロセッサーが無い場合は薄切りにして下さい。

固くて切りにくい場合は、丸ごと電子レンジに入れて軽くチンします。包丁が入りやすい程度に火が入れば良いので、柔らかくし過ぎないのがポイントです。

STEP2:

タマネギとニンジンを薄く切ります。後で使うミキサーやフードプロセッサーを使う場合は、荒く切ってもオッケーです。

STEP3:

鍋に1と2を入れ、ひたひたになるくらい水を入れて煮ます。

STEP4:

水分が飛んで、野菜が柔らかくなったら火を止めます。

STEP5:

ミキサーやフードプロセッサーがあれば、それを使ってペースト状にします。

無い場合は、泡だて器でペースト状にします。

STEP6:

ペースト完成。

保存する場合は、この状態のものを冷蔵庫に保存します。長期保存したい場合は冷凍庫を使ってください。もうペーストになっているので、味の変質は少ないと思います。

仕上げ

ペーストをスープ状にして味を整えていきます。

STEP1:

鍋に食べる分だけのペーストを入れ、そこに固さを見ながら牛乳を入れていきます。

スキムミルクやコーヒーフレッシュで代用する場合は、水を入れて固さを調整します。

スキムミルクを代用する場合は、粉のままダマにならないように混ぜるか、事前にお湯に溶いておきます。

コーヒーフレッシュの場合は火を止めて仕上げの段階で使います。

STEP2:

塩・コショウで味を整えていきます。カボチャによって味が違うので、甘みが足りない場合は砂糖を使います。

STEP3:

お好みで、バターやマーガリンを入れてください。コクが出ます。

STEP4:

盛り付けて完成です。

お好みでパセリなど散らすと見た目が綺麗です。

おわりに

カボチャのペーストは保存がきくので、カボチャを沢山もらった時などに作っておくと便利です。

大人も美味しく食べられますが、子供に野菜を食べてもらいたいとき便利なメニューです。

この記事で使われている画像一覧

  • 20101002141529

本記事は、2012年05月01日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

期間限定のPRコンテンツをチェック!

もっと見る