生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon hobby趣味・娯楽

  1.  
  2.  
  3.  
  4.  
  5.  
  6. 落ち込んだ時に!幸せな気持ちになれる映画5作品

落ち込んだ時に!幸せな気持ちになれる映画5作品

2013年10月30日更新

 views

お気に入り

はじめに

映画はいろんな感情を、見る人にあたえてくれます。筆者は、気持ちが落ち込んだ時などに、映画を見ることが多いです。そんな時、幸せで優しい気持ちになれる、とてもハートフルな映画5作品を、ご紹介したいと思います。

デーヴ

1993年公開jの映画です。アメリカ大統領の身代わりをつとめる事になった男の映画です。サスペンス的なところや政治的なものは全くなく、どこまでも明るくて楽しい映画です。時々、しんみりしたり、優しい気持ちになります。筆者は、主人公が孤児院の子供に手品を見せるシーンが、だい好きです。後半は、策謀ののやり取りになり、とてもドキドキする展開になります。もちろん、ハッピーエンドです。

めぐり逢えたら

1993年公開の映画です。妻を亡くしたパパを元気づけるため、小学生の息子がラジオ番組の電話相談に応募します。その事がきっかけで、メグライアン演じる女性がその息子のパパである男性(トムハンクスが演じています)への恋に落ちるのですが、なかなか二人は逢えません。その経緯がとてもコミカルにあたたかく描かれます。なんといっても、二人を逢わせるため一生懸命な息子が可愛いです。

幸せの1ページ

2008年公開の映画です。極度の自閉症である冒険小説作家(女性です)が、読者である少女に助けをもとめられ、たった一人で孤島に向かう映画です。絵本のようなオープニングや、架空の人物である冒険小説の中の主人公が出てきたり、ファンタジックでとても楽しいです。主人公を演じるジョディ・フォスターのコミカルな演技に、爆笑しました。タイトルどおり、とても幸せな気持ちになれます。

フィールド・オブ・ドリームズ

1989年公開の映画です。とうもろこし畑の中で、男がある声を聴きます。「それをつくれば、彼がやってくる」と。そのことから、男はある行動を起こしていくのですが、それは奇跡となるのです。はじめは怖い映画かなと思ったのですが、とても不思議で優しい映画です。見終わった後、胸の中がほんわりとあたたかくなりました。野球好きの方には、とくにオススメです。

星の王子ニューヨークへ行く

1988年公開の映画です。エディ・マーフィ主演のコメディ映画です。アフリカの王国の王子が花嫁探しのためニューヨークへ行き、様々な騒動がもちあがっていきます。とてもコミカルでテンポの早い映画です。脇役も皆、とても面白くて、何度も笑います。相手役の女性が凛としていて、とても素敵です。王子の恋が成就するかどうか、しんみりする場面もありますが、ハッピーエンドです。

おわりに

つらい時や疲れた時、こうした映画を見ると、とても幸せな気持ちになります。明日も頑張ろうと思えるのです。落ち込んだ時などには、幸せな気持ちになれる映画を、ぜひご覧ください。

(photo by 足成)

この記事で使われている画像一覧

  • 20121129153932 50b70324e0037

本記事は、2013年10月30日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

期間限定のPRコンテンツをチェック!

もっと見る