生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon cook料理

  1.  
  2.  
  3.  
  4. 切れ味が違う!キャベツスライサーを選んだ理由

切れ味が違う!キャベツスライサーを選んだ理由

2012年11月29日作成

 views

お気に入り

目次

はじめに

筆者がキャベツスライサーを選んだ理由をご紹介します。

選んだ理由

スライサーを使う機会が多かった

調理に使うスライサーといえば、筆者はずっときゅうり専用に使ってきました。きゅうりは包丁につきやすく転がりやすいため、包丁で輪切りにするのはちょっと面倒です。そのためよくスライサーを使っていました。

安いものだとすぐに切れ味が落ちてしまう

いつも使っていたのは100均のもの。筆者が買ったものがたまたまはずれだったのかもしれませんが、100円ショップのスライサーは最初2~3回はいい感じにスライスできるものの、だんだん切れ味が悪くなり、1年も使うと断面の汚い不揃いなきゅうりしかできなくなってしまっていました。なんといっても切れ味の悪いスライサーはストレスでした。

キャベツの千切りがうまくできなかった

それまでキャベツの千切りは包丁で作っていましたが、いやいや作るメニューでした。というのも、キャベツは大きくて切るのが大変ですし、どうしても少し太くなってしまい、とんかつ屋さんのように細くてふわっとした千切りはできません。

使ってみての感想

切れ味が違う

買ってから最初に、キャベツをスライスしてみました。外側の葉は、角度のせいで少し大きく切れてしまいますが、少し続けて切ると細くてふわふわの千切りができ始めます!キャベツを動かすだけで、とっても簡単。切れ味もよくて、軽く動かすと面白いように千切りが量産できます。

味が違う気がした

そして何よりびっくりしたのがその味です。とんかつ屋さんのようなふわっとした口当たり。なぜかとてもおいしく感じられます。

捨てることなく無駄なく食べれる

多分キャベツ1個、丸ごと食べられると思います。そのくらい食べやすくておいしいです。家族にも好評で、とんかつなどの揚げ物の時には、大量のキャベツの千切りが付け合せになるのが定番となりました。

いろいろな具材をスライスできる

もちろん、きゅうりやじゃがいもの輪切り、薄切りにも使っています。じゃがいもなどは持ちにくく手が滑りやすいのですが、安全ホルダーもついているので便利です。

値段以上に満足する!

そして、やっぱり100均の10倍以上の値段がするだけあります。1年以上たった今でも、ほとんど変わらない切れ味で、毎日のように活躍してくれています。

スライサーで切った傷は切り傷などと違って傷がつきにくく治りにくいので、必ず安全ホルダーを使用しましょう。

おわりに

こちらはこのスライサーで輪切りしたきゅうりを使った里芋のポテトサラダです。きゅうりが均一に切れているのが見て分かると思います。

私が購入したのはこちらの商品です。ほかにもスライサーはいろいろあるようです。大きさ、用途を考えて選んでみてくださいね。

キュートクック 丸ごとキャベツスライサー 30990

(photo by 著者)

この記事で使われている画像一覧

  • 20121129115134 50b6cdb648465
  • 20121129115329 50b6ce29e3d76
  • 20121129115852 50b6cf6c5da72

本記事は、2012年11月29日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

期間限定のPRコンテンツをチェック!

もっと見る