生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon hobby趣味・娯楽

  1.  
  2.  
  3.  
  4.  
  5. クレーンゲーム(UFOキャッチャー)で景品がとれやすい見分け方

クレーンゲーム(UFOキャッチャー)で景品がとれやすい見分け方

2015年02月23日更新

 views

お気に入り

クレーンゲーム(UFOキャッチャー)で景品が取れるなんて、マグレだと思っていませんか?彼氏が必死に彼女の為に何百円もコインを入れて頑張っている姿を目にしますが、もっと簡単にとれるゲームセンターは存在するのです。

100円で大量GETできるかもしれません。その見分け方をご紹介しましょう。

クレーンゲーム(UFOキャッチャー)のコツをもっと知りたい方はコチラ!
アーケードゲームのハウツー

店員の「やる気」に注目せよ

例えば、大型のゲームセンターなどでは店員がマイクを持ち、実況していたり、無料券を配っていたりします。

程ほどに景品を取らせつつ、その実況を派手にしながら他の客を煽りますが、実際チャレンジしてみるとなかなか取れないところが多いです。しかも取れそうで取れないことが多い。

つまり、きちんと仕事をしているのです。

  • 取れそうに見せかけて、タグやヒモなどの部分を、こちらからは分からないように、中に挟みこみ取れないようにする
  • 絶妙な位置に景品を置き、客に『絶対にこれは取れる!』という確信と希望を抱かせ、何度もチャレンジさせる
  • 何度か挑戦すれば確実にGETできる大きな景品を置くことにより、取れたときの派手な演出を助ける

上記のようなテクニックで戦闘意欲をかきたてられてしまうと、確実に100円玉は奪われていきます。取れそうなのに取れない悔しさなどで盛り上がり、楽しくはありますが、思い出以外のおみやげは持って帰れないでしょう。

やる気のない店員がいる店舗は狙い目!

逆に、全くやる気の無い店員がいる店舗は、割と簡単に景品を取ることが出来ます。なぜなら、やる気のある店舗とは逆に、獲得されないような工夫もせず、ただ単にマシンに景品を積んでいることが多いからです。

中には、一つ落としたら他のものも一緒にバラバラと音を立てて崩れ落ちてくるということもあります。

何故かこちらが悪いことをしたような気分になりますが、気にせず取りましょう。あまり派手に取りすぎると、やる気のある店員に変わる可能性があるので、注意が必要です。

またそういったお店では、先客がすでにざっくり取っていた状態のマシンがあったりします。通称「狩られた跡」です。それが見られた場合は、そのお店は取れるということになります。他のマシンで早速試してみましょう。

また、やる気のある店であっても、店の外に設置されたマシンではよく取れることがあります。これはオトリのようなものなので、甘い設定になっており、案外すんなり獲得できることもあります。

また他の客がどれだけ取っているかも確認してみましょう。

さいごに

ゲームセンターにも色々な表情があります。お店によって景品も違い、傾向も違いますので、是非近所のゲームセンターをリサーチしてみてください。あなただけの穴場を見つけてみましょう。

この記事で使われている画像一覧

  • 20100930205637
  • 20100930205653

本記事は、2015年02月23日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

期間限定のPRコンテンツをチェック!

もっと見る