生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon health健康・医療

  1.  
  2.  
  3.  
  4. 今すぐできる眠気覚まし法

今すぐできる眠気覚まし法

2016年05月11日更新

 views

お気に入り

はじめに

人が生きていく上で打ち勝たなくてはいけないことの1つが「眠気」です。

学生の方だと授業中、社会人の方だと仕事中は眠気に教われる機会も多いのではないでしょうか。

特に大事な試験や仕事中に眠気を感じていたら、最悪の場合重大な失敗にも繋がりかねないですよね。

日々の生活の中で、眠気にはあらかじめしっかりと対処しておく必要があります。

そこで今日は「今すぐできる眠気覚まし法」を紹介してみましょう。

ポイント

何よりも大事なのは、お金をあまりかけずに空き時間などに簡単に行える方法を行うべきです。

意外と十分な効果が見込めるんですよ。

脳へ栄養を送る

人間は脳への栄養がなければ頭が働かないのです。しかもそのためには食べ物や飲み物から糖分を十分に摂取する必要があります。脳は糖分からじゃないと栄養を取り込めないからです。

オススメしたいのが100%の「フルーツジュース」に「野菜ジュース」、そして「コーヒー」です。

100%果汁のジュースは健康的に摂取できる上に、栄養素も豊富に含まれているので積極的に摂取してみてもらいたいです。そしてコーヒーに含まれる「カフェイン」には頭を目覚めさせ、物事により集中することができます。

ただしあまり飲み過ぎると気分を損なう恐れがあるので、十分注意してください。

香りで脳を覚醒させる

ローズマリーやペパーミントなどの市販のエッセンシャルオイルを購入し、その香りを嗅いでみましょう。

ローズマリーは脳の「海馬」という記憶を司る組織に働きかけ集中力や記憶力を高める効果がありますし、ペパーミントはあのメンソールのスーッとする香りです。

お店によっては安く販売しています。

体を動かすこと

もう1つは体を動かして眠気を吹き飛ばしましょう。

できればジョギングやウォーキング、水泳などの有酸素運動をオススメしたいです。眠気が吹き飛ぶ上に持久力をアップさせられるので、日々の生活を元気に過ごせます。

でもそんな時間が無いという方は、ストレッチやツボ押しがいいと思います。

ストレッチは簡単な体操や屈伸運動でも結構ですし、ツボは頭のてっぺんにある「百会(ひゃくえ)」や、手の親指と人差し指の又の間にある骨の少し手前にある「合谷(ごうこく)」などを強めに押してみましょう。

おわりに

いろいろな眠気を覚ます方法を紹介してみましたが、何よりも大事なのは毎日の睡眠をしっかり取ることだと思います。

たとえ一時的に眠気覚ましを行っても、毎日の睡眠時間そのものが十分じゃないと注意力が散漫になってしまったり、集中力が途切れやすくなってしまいます。それが大切な試験や仕事の商談に影響を与えてしまっては大変です。

なるべく早めに布団やベッドに入り、あまり何も考えずに目を閉じてリラックスすることが大切です。

(photo by amanaimages)

この記事で使われている画像一覧

  • 20130415154402 516ba1b2ae75a

本記事は、2016年05月11日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

期間限定のPRコンテンツをチェック!

もっと見る