生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon life生活・ライフスタイル

  1.  
  2.  
  3.  
  4. 我が家の、楽しい食費節約術

我が家の、楽しい食費節約術

2014年07月01日更新

 views

お気に入り

はじめに

我が家は夫婦二人の生活ですが、料理好きの主人(主夫)が食費はやりくりしています。

1日約、600円くらい、だいたい1ヶ月2万円以内に食費は押さえています。それでも、そんなに「節約しているんだ〜」というような、悲壮感は全くなく、毎日、楽しく美味しく食事をいただいています。

ここでは、我が家の「たのしい食費節約術」を簡単にご紹介してみようと思います。

我が家の、楽しい食費節約術

1:スーパーの特売日に保存出来るものを買っておく

我が家では新聞は取っていませんが、ネットで検索して近くのスーパーのチラシをみたり、特売日はチェックして情報を押さえています。

必要なものだけを比較してより安くいいものを買う為、買うべきものは冷蔵庫にメモ書きし、必要なものだけを買いにいきます。

2:野菜は出来るだけベランダで栽培する

最近、ブームになっている家庭菜園に取り組んでいます。と、言っても手間のかからないもの。ネギ、パセリ、豆、トマト、チンゲンサイ、レタス、料理用のハーブなどを作っているので、野菜の買う量は少し減りました。

野菜はすべて、100円ショップで2袋100円の種から育てたのですが、簡単にベランダで栽培できるので非常にオススメです。

3:外食をするよりも、家で美味しく食べる

料理が好きなので、ほとんど外食はしません。そのかわり、時間をかけてできるだけ手の込んだ料理を作るようにしています。お酒を買って、ちょっと贅沢なメニューにしても1,000円以内で作れます。

家でのんびり会話を楽しみながら、美味しい食事をするのは我が家にとって贅沢な時間です。

4:たまには必要なものと考えて贅沢をする

このように、節約はしていますが、月に1度は美味しいものを(料理の勉強として)外に食べにいくようにしています。ずっと節約ばかりしていると、心が寂しくなるかもしれません。

だから、たまには美味しいものを食べて、リフレッシュしたり、料理のインスピレーションを得る為にも、使う時は使うように心がけています。

おわりに

家庭菜園は日頃のストレス解消にもとてもオススメです。土を触ることでリラックスできますし、とれたて野菜の味はまた格別です。よろしければ、是非みなさんもお試しください!

(イラスト by 著者)

この記事で使われている画像一覧

  • 20121128113430 50b578362bce9

本記事は、2014年07月01日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

期間限定のPRコンテンツをチェック!

もっと見る