生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon life生活・ライフスタイル

  1.  
  2.  
  3.  
  4.  
  5.  
  6. 下駄箱の臭いをとる方法

下駄箱の臭いをとる方法

2012年05月01日更新

 views

お気に入り

はじめに

下駄箱の臭いって気になりますよね。来客を迎える玄関が、むわぁ~んと臭うのは困ります。

そこで下駄箱の臭いを取る方法を書き出してみました。

まずは掃除

もう臭ってしまっている下駄箱は、まずは掃除しましょう。晴れていて湿度の低い日を狙って行うと効果的です。

STEP1

下駄箱に入ってる靴などを全て出します。

STEP2

扉が外せたら、外します。玄関も開けられるなら、開けておきましょう。

STEP3

下駄箱の汚れをホウキなどで払います。この時、重曹をふりかけてから行うと、より効果的です。隅の汚れは古い歯ブラシなどを使うと便利です。

STEP4

あらかた綺麗になったら、拭き掃除をします。乾拭きなら、そのまま次の作業に入ります。濡れ雑巾を使う場合は、後でキチンと乾燥させましょう。湿気は臭いの元になります。

STEP5

下駄箱の棚板に、新聞紙などを敷きます。新聞紙では見た目がちょっと、と、思われる方は、吸湿性の良さそうな包装紙などを使っても良いと思います。

STEP6

防臭・除湿剤を入れます。スペースがあれば、広口のビンに重曹を入れて使っても良いと思います。口の部分にフタはしないで下さい。重曹がこぼれる心配があれば、布など通気性のあるもので覆って下さい。

STEP7

靴を仕舞います。靴は汚れを落とし、風に当てるなどして湿気や臭いを飛ばしておきましょう。

臭いが気になる靴には、臭い取りを入れておきましょう。専用のものを使っても良いですが、靴下に重曹や竹炭など防臭・除湿効果のあるものを入れて口をキュッと締めてから靴に入れておくのも良いと思います。

維持する方法

一回綺麗にしたら、維持するように心がけましょう。

下駄箱の上に消臭剤を置く

下駄箱の上にも消臭剤を置いておきましょう。重曹を使うのも良いと思います。

重曹は定期的に入れ替えた方が良いので、玄関周りの掃除などに使うと良いと思います。

靴は綺麗にした後で下駄箱に入れる

脱いだ靴を、そのまま下駄箱に入れるのは臭いの元です。風通しの良い場所で乾燥させ、汚れを落としてから仕舞いましょう。

同じ靴を履き続けず、二、三足を回して履くようにすると楽に実行できます。

下駄箱に風を通す

晴れた日で湿度の低い日には、玄関の掃除をするときに下駄箱の扉を開けて風を通しましょう。引き戸タイプなら両サイドを開けておくと効果的です。

おわりに

下駄箱の臭いは、気を抜くとすぐに戻ってきます。殆どが靴そのものの臭いですから、そんな時には靴用の消臭スプレーで靴の臭いを取ってしまいまいしょう。

玄関の換気に気をつけるのも効果的です。防犯に注意しながら、マメに玄関に風を入れるようにしましょう。

この記事で使われている画像一覧

  • 20101001091542

本記事は、2012年05月01日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

期間限定のPRコンテンツをチェック!

もっと見る