生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon childcare育児・教育

  1.  
  2.  
  3. 子供がいじめに遭っているとわかったら気をつけるべきこと

子供がいじめに遭っているとわかったら気をつけるべきこと

2013年03月08日更新

 views

お気に入り

はじめに

子供がいじめに遭っていると分かった時、当然親の心は痛み、揺れ動きます。今回は深刻ないじめに遭っている可能性も考えて、対処法の一部を提案します。

子供のプライドは必ず守る

大人が思っている以上に、子供とは高いプライドを持っています。そのプライドは、親に対しても発揮されます。むしろ、近しい相手ほど弱い自分を見せたくないものです。「虐められる様なかっこ悪い自分」を知られたくないと強く思っています。

そのプライドは、絶対に傷つけてはいけません。プライドを傷つける行為とは、いじめを問い詰めることです。我が子を救いたい一心で、ついやってしまいがちなことです。

命の危険があるいじめかどうか

すぐに問い詰めるのはNGとは言え、一刻も早く確かめなければならないことがあります。それは、子供が受けているいじめが、命の危険を伴うものかということです。もし深刻な事態であれば、学校にすぐ助けを求めてください。

学校の対応が遅いようであれば、いじめている子の保護者にコンタクトをとってみてください。その時、いきなりいじめの話を持ち出すのは危険なので、「いつも○○君に仲良くして貰っているみたいなので、ちょっとご挨拶を」などと切り出しましょう。

いじめている子の保護者が常識的な人ならば、そこで何かのアクションがあるかもしれません。しかし、そうでない場合もあります。ここで再び学校に戻ります。警察に行くと学校に仄めかしてみましょう。一気に対応が早くなる可能性が高いです。

命の危険は、直接受けている暴力だけではありません。今の時代気をつけなければならないのは自殺です。親に知られて絶望してしまう子供もいるので、慎重に言葉をかけます。ここでかける言葉に正解はありません。子供の性格次第です。

命の危険がなさそうならば

見守ってみましょう。厳しいようでうすが、いじめを受けた経験を経て大きく成長する子供もいます。ふとしたきっかけで、いじめが何となく終わる時もあります。子供の心は気まぐれです。

クラス替えが迫っているのならば、クラス替えの後までは静観してみましょう。しかし、常に子供の様子には気を配ってください。

さいごに

子供達の社会は年々複雑化しています。大人達の価値観では計り知れない複雑さです。子供の意見を聞くことができるのであれば、尊重してあげましょう。

この記事で使われている画像一覧

  • 20100930002659

本記事は、2013年03月08日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

期間限定のPRコンテンツをチェック!

もっと見る