生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon life生活・ライフスタイル

  1.  
  2.  
  3.  
  4.  
  5. ペットボトルの水で地震対策

ペットボトルの水で地震対策

2012年08月24日更新

 views

お気に入り

はじめに

重いものがないときは、ペットボトルの水を利用して重しにできます。未開封なら横にしたほうが効果的です。

本棚、カラーボックス、冷蔵庫、クローゼットにも応用が効きます。

ポイント1 重いものを下に

本棚

重くて大きい本を最下段に収納します。百科事典や広辞苑などがオススメです。

コミックや文庫本で「シリーズもの」の場合は、シリーズ単位でボックスにまとめてから収納すると、それだけで重しの効果になります。

本が足りないときは、ペットボトルの水を利用しましょう。お水の非常用保存の役割も果たせます。

カラーボックス

軽いものだけを収納している場合も多いので、最下段には保存用ペットボトルの水を入れて、重量を増やします。

化粧品や精製水など液体ものを最下段にするだけで重し効果になります。ただし化粧品や精製水は立てて収納します。

化粧水や精製水のうち、家族がよく使用する品があれば、ある程度のまとめ買いで備蓄しておくと、重しの効果と非常用保存の役割を果たせます。

瓶と瓶の間には、ポケットティッシュやマスク、生理用品を挟んでおくと、破損防止の効果が得られます。

ポイント2 両面テープ

粘着力の弱い両面テープを利用します。接着が目的ではなく、滑り止めや転倒予防のためだからです。家具を傷めない工夫も大切です。

文具店では「ポスター用」と書かれた両面テープが売られています。ポスターの張り替えができ、ポスターも壁も汚さない製品です。床への糊残りも少ないです。

クローゼットにペットボトルを立てて入れるときに底に貼り付けます。とても効果的です。クローゼットや洋服ダンスは引き出しの底板が薄いので、コート収納部の床板の厚めのスペースだけにしましょう。

おわりに

家具の高さは腰の位置を基準にすると安全です。腰より上を軽く、腰より下を重く、がコツです。 

この記事で使われている画像一覧

  • 20100930153144

本記事は、2012年08月24日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

期間限定のPRコンテンツをチェック!

もっと見る