生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon life生活・ライフスタイル

  1.  
  2.  
  3.  
  4.  
  5.  
  6. 炊飯器を1ヶ月に1度だけ掃除するコツ

炊飯器を1ヶ月に1度だけ掃除するコツ

2013年10月29日更新

 views

お気に入り

はじめに

炊飯器の掃除は神経質にならなくても大丈夫です。ただし、ご飯は口にするものですから、衛生的かつ安全に使用することは重要です。

炊飯器は炊飯中に高温になりますから、高温に耐えられる設計になっています。

ご飯を長い時間、保温のままにしておくと炊飯器の表面が熱くなります。熱くなったからといって、すぐには壊れません。

炊飯器は熱と蒸気と乾燥に強い設計なので、その特色を利用すれば、案外ずぼらでも大丈夫。そのかわり、1ヶ月に1度だけは丁寧に掃除をしましょう。

汚れの除去

1ヶ月に1度、ご飯を炊かずにパンにしたり外食にしたりしては、いかがでしょうか。炊飯器そのものを使わない日を決めて、一日がかりで炊飯器を掃除するのです。

掃除の作業時間そのものは5分から10分程度です。

洗剤なしの水洗い

内ブタ、お釜、取り外して洗える部品は、ぬるま湯につけておきます。見えにくくても、乾燥したままこびりついてしまったカタマリがあるものです。

可能な限り、指先だけで洗いましょう。水道水で洗います。キュキュッと音がすれば、ぬめりけなどが除去された証拠です。

水道水の塩素成分だけで、充分に洗浄効果があるので、むしろ洗剤は控えたほうが安全です。

キッチンタオルで、サッと拭いて水分は吸い取っておくのがポイントです。

炊飯

丁寧に洗ったら、その翌日には炊飯するようにしましょう。炊飯中は高温ですから、完全に殺菌されます。

炊飯器を洗ったまま使わずにいた場合、湿気や水滴が発生しやすくなります。常温の湿度のなかで放置しておくとカビの発生原因になりやすいので注意です。

水滴が雑菌の温床になってしまうと大変です。炊飯器の一番の殺菌は炊飯そのものです。雑菌やカビが繁殖するよりも先に、炊飯してしまうことがコツです。

おわりに

油汚れがない限り(炊き込みご飯など)、基本的に水だけで洗いましょう。体への安全性が一番です。

炊飯器そのものは衛生的に作られていますし、炊飯することじたいに殺菌効果があるのです。

この記事で使われている画像一覧

  • 20100929210415

本記事は、2013年10月29日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

期間限定のPRコンテンツをチェック!

もっと見る