生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon hobby趣味・娯楽

  1.  
  2.  
  3.  
  4.  
  5.  
  6. バンドメンバーを集める方法

バンドメンバーを集める方法

2013年10月29日更新

 views

お気に入り

はじめに

バンドメンバーは、彼氏彼女と同じくらい大切なものです。同じ音楽を共に演奏するわけですから、息のあった運命の人を探さなければなりません。

長くつきあっていける、いいメンバーに巡り合うためにも、根気が必要です。ここではバンドメンバーを集める手助けとなる、いくつかの方法を紹介したいと思います。

インターネットで探す

SNS(mixiなど)で探したり、バンドメンバー募集サイトに登録し、自分のパート以外のメンバーを探します。逆に自分のパートを探しているバンドに加入希望します。今一番ポピュラーなやり方かもしれません。

自分の楽曲がある場合は、Myspaceなどにアップロードし、聴いてもらえば話が早くていいでしょう。横のつながりも増え、いい音楽との出会いも増えます。

スタジオ等に貼ってあるメンバー募集を見る

スタジオや楽器屋に貼ってあるメンバー募集のチラシがあります。スタジオによっては、パート別に分けられたファイルなどが置いてあるところもありますので活用しましょう。

チラシの場合、下に切り取って持ち帰れるように電話番号などがついているものがあります。自分で募集するときは必ずその部分を作りましょう。壁に貼るときは一枚破っておくといいでしょう。取られやすくなるようです。

友人に訊く

周りにバンドをやっている友人や知人がいれば、いいプレイヤーがいないか訊いてみましょう。合いそうな人がいれば積極的に紹介してもらいましょう。

ライブに行ってスカウトする

気になったプレイヤーがいれば、実際にライブへ行き、声をかけるのも手です。

その際は露骨に引き抜き交渉などせず、「今度セッションしませんか?」くらいに留め、周りのメンバーに煙たがられないように注意しましょう。あくまでも平和を心がけて行なってください。

友人を誘う

実はこの方法も多いです。自分以外のパートを、何もやったことのない友人にやらせます。もちろん手助けをしてあげてください。

誘われたから仕方なく嫌々始めた人が、のちにプロになったという話も珍しくありません。仲の良い友人となら、長く続けられるというのもあるでしょう。

楽器は何歳であっても始められます。今からでも遅くありません。音楽の楽しさを教えてあげてください。

おわりに

とにかくいろんな人と交流を持ちましょう。のちに一緒にバンドをやることにならなくても、何かしらの収穫はあります。出会いを大事にしましょう。

バンドは脱退や加入が絶えません。もしこだわりがないのであれば、色んなバンドに参加してみるのも、自分の能力アップにつながります。コミュニケーションを大切にして、音楽をもっと楽しみましょう。

この記事で使われている画像一覧

  • 20100929201731

本記事は、2013年10月29日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

期間限定のPRコンテンツをチェック!

もっと見る