生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon health健康・医療

  1.  
  2.  
  3.  
  4. より良い睡眠をとるための方法

より良い睡眠をとるための方法

2014年03月04日更新

 views

お気に入り

はじめに

「眠る」ということは当たり前すぎてあまり意識することはないかもしれませんが、よい睡眠を取れるか取れないかで疲れの取れ方や美容などに大きく差が出てきます。

でもちょっとしたことでより良い睡眠をとることが出来るようになるのです。

良い睡眠のためのポイント

照明を変える

寝る30分前ぐらいから、部屋を間接照明程度の明るさにします。体に「今から寝ますよ」という合図を送り、準備をさせるのです。

TV・携帯を消す

ギリギリまでTVを見たり、携帯を使いながらそのまま寝ちゃった・・・という事はよくあると思いますが、脳が覚醒してしまうようです。できればこれも30分前までにすると良いと思います。

深呼吸をする

日中忙しかったり、ストレスが溜まっていると呼吸が浅くなり、体が緊張した状態になります。すると眠っているときにも緊張したままになり、しっかり寝たはずなのに、朝起きたとき疲れが取れてないという事が続くようになります。

寝る前に深呼吸して、意識的に体をリラックスさせましょう。

ストレッチする

無理せずイタ気持ちいいぐらいの軽めのストレッチにするのがポイントです。

時間も5分程で大丈夫です。リラックスのためなので頑張る必要は全然ありません。ストレッチしながら寝てしまった、ぐらいの感じで大丈夫です。

アロマを炊く

良い香りは良い眠りを誘います。

オススメの精油はラベンダーやベルガモット、フランキンセンスなど。ユズやヒノキなどの和の香りも良いと思います。

アロマキャンドルはつけたまま寝てしまうと危険ですので避けましょう。

アロマオイルがなければ好きな香水などでもOKです。

おわりに

質の良い睡眠が取れるようになると、疲れの取れかたやお肌の調子がかなり変わってきます。

なかなか眠れないときにはぜひこの記事を参考にしてみてください。

ちょっとしたポイントを押さえて、よい眠りを取りましょう。 

この記事で使われている画像一覧

  • 20100929222619

本記事は、2014年03月04日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

期間限定のPRコンテンツをチェック!

もっと見る