生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon family家族・人間関係

  1.  
  2.  
  3.  
  4.  
  5.  
  6. 夫に家事を手伝ってもらうポイント

夫に家事を手伝ってもらうポイント

2012年07月25日更新

 views

お気に入り

はじめに

共働きでも、そうでなくても「夫に家事を少しでも手伝ってもらうとどんなに楽か!」と思ったことは、少なからずとも誰もが1度は思ったことがあるはず。

ここでは、そういう方のために、夫に少しでも意識をもってもらう為のポイントをご紹介します。

ポイントその1:家事は、家の用事ということを認識してもらいましょう!

同じ家に住んでいるのなら、みんなでするのは当たり前と認識してもらいましょう。

自分の住んでいる家を快適にするためには一人だけ意識を持っているのでは駄目ということをわかってもらうのです。

ポイントその2:お願いしてみよう!

毎日お願いするのではなく、時間がない時に1つだけお願いしてみましょう。

たとえば、掃除をしている場合、「ごめん。ちょっと時間がないから、この部屋だけ掃除機かけてくれない?その間に私は、床を拭くから。」という感じで、「自分もやるけれども、手が足りないのよ!」ということを全面アピールしてみましょう。

それを不定期に何回か行う。そうするとだんだんこれが自分のすることだという意識がつくことまちがいなしです。

ポイントその3:ちょっと不機嫌さをだしてみよう!

グチグチ文句を言われるのは誰しもいやなことですし、逆効果です。

そこで・・・何も言わずちょっと不機嫌気味に家事をしてみましょう。

もちろん、夫のいるところで!

「ハァ」とため息つくのもよし、機嫌悪い雰囲気をかもしだすのもよし。

ソファで優雅に新聞をよんでいる自分に罪悪感を持ってもらうのがねらいです。

「何で私だけ?」オーラをだしまくってみましょう。

「なんか手伝おうか?」ということばがでたら素直にお礼を言って手伝ってもらいましょう。

そう、あなたの勝ちです!

おわりに

手伝ってもらおうとせず、一緒にするという意識を持ってもらうことが大事です。

そうすれば自然に自分から動いてもらうことができますよ!

この記事で使われている画像一覧

  • 20100929112143

本記事は、2012年07月25日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

期間限定のPRコンテンツをチェック!

もっと見る