生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon cook料理

  1.  
  2.  
  3.  
  4.  
  5.  
  6.  
  7. 料亭風かぼちゃの旨煮の作り方

料亭風かぼちゃの旨煮の作り方

2012年09月14日更新

 views

お気に入り

はじめに

子供の頃、かぼちゃの煮物という料理に対してある意味嫌悪感のようなものを抱いていました。

というのも恐らく”田舎モン臭い”というイメージや、”甘ったるい”というイメージが強かったんじゃないかなと思います。

そこでそんなイメージを打破させる、あっさりとした高級感のある料亭風かぼちゃの旨煮を作っていただきたいと思います。

材料

  • かぼちゃ適量(下記のあわせだしにひたる位の量)
  • 水   800CC
  • 薄口醤油100CC
  • みりん 100CC
  • 上白糖 50グラム 
  • ほんだし適量
  • 切り昆布10cm角程 

作り方

STEP1:下準備


まず初めに皮を皮むき器でむいて、かぼちゃを切ります。親指の1.5倍位の大きさが良いでしょう。

かぼちゃは硬いので手を切らないように気をつけましょう。

時間に余裕があれば是非”面取り”をしましょう。角を面取りすれば煮崩れを防ぐ役目と、なにより高級感がでますよ。

STEP2:だし作り

次にだしを作ります。

上記のかぼちゃ以外の材料を全部適度な大きさの鍋に入れて火をつけます。

砂糖が鍋底に沈んで焦げ付かないように、木べらやお玉で混ぜながら沸かしていきましょう。

STEP3:炊き込み


だしが沸いたら、先ほどのかぼちゃを鍋に入れます。踊らない程度に弱火にします。

15分から20分程煮込んで、竹串をかぼちゃに刺して、スッととおるならOKです。火を止めて冷まします。

基本的に煮物は冷めるときに味が浸み込みますので、必ず一度冷ましてください。

炊き立てを食べても、恐らく味がうすいと感じますが冷めたら出しの味がきちんと浸み込みますので、あまり調味料を足されたりしないほうがいいとおもいますよ。

おわりに

和食という物はレシピはあって、無いようなものですのでレシピ表があってもちょくちょく味見しましょう。

弱火でじっくり仕上げるのが上手においしく炊くコツです。是非料亭の味に挑戦してください。

この記事で使われている画像一覧

  • 20100927184111

本記事は、2012年09月14日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

期間限定のPRコンテンツをチェック!

もっと見る