生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon family家族・人間関係

  1.  
  2.  
  3.  
  4.  
  5.  
  6. なんだかイラつく!夫のうたた寝のクセを治す方法

なんだかイラつく!夫のうたた寝のクセを治す方法

2012年11月24日作成

 views

はじめに

毎日、家族のために、仕事を頑張ってきてくれている夫・・・疲れていて、リビングでテレビを見ながら、つい、ウトウトしてしまう・・・

「疲れているんだから、仕方ないか」と、頭では分かっているのですが、だらしないその姿に、つい、イライラしてしまったりしますよね。

そんな、夫のうたた寝のクセを治す方法を、紹介したいと思います。

うたた寝のクセを治す方法

その1:愛情のこもった言葉で注意

そんなところでうたた寝しないでよ!だらしない!

そんな風に注意されても、夫の心には響きません。

なんだよ!こっちは仕事で疲れてるんだ!

と、口論になってしまうだけですよね。夫に、うたた寝を注意する時には、夫の身体を気遣う、愛情のこもった言葉で注意しましょう。

こたつで寝ると、風邪ひくから。ベッドで寝たほうが温かいよ。

ソファで寝ても、疲れ、取れないでしょ?布団、今日干したから、フワフワで気持ち良いよ。疲れてるなら、ベッドで寝ておいでよ。

こんな風に、愛情のこもった言葉で注意すれば、口論になることもなく、夫も、素直に聞き入れてくれることが多いです。

口先だけではなく、本当に、愛情を込めて、言ってあげてくださいね。

その2:こたつやホットカーペットを切る

冬場、こたつホットカーペットに入っていると、居心地が良くて、ついつい抜けられなくなり、そのままうたた寝してしまったりしますよね。ですが、電気代ももったいないですし、身体にも、よくありません。

夫が、こたつやホットカーペットでうたた寝してしまっている時には、

もう寝る時間だから、こたつ、消しとくね~!

と、勝手に切ってしまいましょう。切ったときには、聞いているのかどうか、あいまいな返事でも、冷えてくると、自然と目が覚め、ベッドに行くことが多いです。

こたつやホットカーペットを、時間が来ると消す、という、家族間のルールを作っておくと、スムーズですよ。

その3:居心地の良い寝室を作る

夫がリビングでうたた寝してしまうのは、リビングの居心地が良すぎるからかもしれません。温かいこたつやホットカーペット、大画面のテレビ、ふかふかのソファ・・・こういったものが揃っていると、座ってボーっとテレビを見ていても、どうしても、睡魔が襲ってきてしまいます。そうなると、起きて、寝室に行くのが億劫になってしまうのです。

そうならないために、夫にとって、リビング以上に居心地の良い寝室作りを心がけましょう。

寝具はいつも、清潔に保ち、ちょうど良い堅さのベッドマットや枕を準備します。寒い季節は布団をよく温め、暑い季節は、リビングのエアコンはつけずに、寝室だけつけるようにすれば、「寝室のほうがくつろげる」と、夫も、だらだらリビングで過ごさず、寝室に向かうようになってくれるかもしれません。

リビングのテレビの消灯時間を決めておくのも、良い方法です。

おわりに

仕事で疲れている夫に、本当に疲れを癒してもらうためにも、自分自身が、夫のうたた寝にイライラしないためにも、愛情をもって、夫の快眠を手助けしてあげましょう。

家族間で、こたつやホットカーペット、テレビなどを消す時間のルールを作ることは、子どもの教育にもなりますし、電気代の節約にもつながりますよ。

(photo by 足成)

この記事で使われている画像一覧

  • 20121123084803 50aeb9b38f592

本記事は、2012年11月24日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

編集部おすすめ期間限定のPRコンテンツ

もっと見る