生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon life生活・ライフスタイル

  1.  
  2.  
  3.  
  4. 海外でジャパンシックになった時に立ち直る方法

海外でジャパンシックになった時に立ち直る方法

2014年07月20日更新

 views

お気に入り

はじめに

海外に6年ほど住んでいました。田舎町に住んでいて、その町に日本人が一人ということもあり、日本が恋しくなるときも多かったです。今回はそんなときにどうやって立ち直ったか、紹介します。

ジャパンシックから立ち直る方法

日本の家族や友達に電話をかけたりメールを送ったりする

本当はこれが一番じゃないでしょうか。思い切り日本語で話せば、ストレス解消にもなります。くじけそうなときは、日本の写真やCD、ドラマのDVDなどを送ってもらえば、元気になると思います。

日本人の知り合いを作る

自分が住んでいるところにある日本食屋に行ってみましょう。または、その地域に、日本人の集まりがないか、調べてみましょう。もちろん、そんなものがない!という人もいると思います。

そんな時は、Mixiなどで、自分の住んでいる地区のコミュニティがないか、検索します。あったら、そこから連絡を取ってみましょう。同じ町にいなかったら、近くの都市などを探してみると、誰か必ずいるはずです。

いなくても、同じ国の人を探して、勇気を出してメールを送ってみましょう。

mixi

留学をする人は、斡旋業者によっては、ジャパンシック対策に、近くに住んでいる人を紹介してくれる場合があります。また、仕事で行く人は、日本人会などに入りましょう。

日本のDVDを見る

日本のドラマなどのDVDを持っていったり、You Tubeで日本の歌を聴いたりします。あらかじめ、日本からお気に入りのものを何枚か持って行きましょう。

You Tube

日本食を作ってみる

現地で手に入る食材で日本食を作ってみましょう。料理が苦手な人でも簡単に作れる料理がたくさんあります。日本食を作ったら、近くに住んでいる人や現地の知り合いにあげてみてもいいと思います。

世界の国でも日本食

おわりに

私は町にスーパーがなかったこともあり、休みがとれると、ちょっと大きい隣町まで買い物に行って、日本食屋へ行ったり、旅行で来ている日本人と友達になったり、NHKの衛星放送を見たりしていました。

慣れない海外生活で、不安になることもあるかもしれませんが、頑張って乗り切ってください!

この記事で使われている画像一覧

  • 20100929205006
  • 20100929213514
  • 20100929204949

本記事は、2014年07月20日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

期間限定のPRコンテンツをチェック!

もっと見る