生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon health健康・医療

  1.  
  2.  
  3.  
  4. 大きなお風呂でリラックス、疲れをスッキリ抜く方法

大きなお風呂でリラックス、疲れをスッキリ抜く方法

2013年11月02日更新

 views

お気に入り

一週間頑張って、もうクタクタな週末・・・

デスクワークで首や肩や腰がガチガチな人、立ち仕事で足腰が悲鳴を上げている人、ガテン系ワークで全身お疲れな人。

疲れて早く眠りたくても、シャワーだけで済ますのは絶対ダメ!自宅の狭いお風呂に浸かるだけでも、疲労回復効果はあります。が、やはり週末は一週間分の疲れを全部リセットしたいですね。

みんなまとめて銭湯に行きましょう!
その魅力とは・・・?

でっかいお風呂のチカラは偉大!

家の風呂では成しえない、大きな浴槽で大の字になってお湯に浸かりましょう。全身の血行が良くなり、筋肉はほぐれ、体の深部まで温まり、汗がじんわり出てくれば大成功です。

温泉なら尚良し!

日本では、そこらじゅうに温泉が湧いています。町の小さい銭湯も、実は掛け流しの天然温泉だったりします。

泉質は様々です。茶色、黒、黄土色、乳白色、無色透明、等々。溶け込んでいる成分も多種多様なので、ちょっと嘗めてみると、しょっぱかったり鉄臭かったり、いろいろな温泉に入れば入るほど、奥深さにハマッていきます(笑)。

真水のお湯より、温泉のほうがなぜかよく温まって疲れが抜けるのも不思議です。

更に、サウナや露天風呂を満喫!

大きなスーパー銭湯では、スチームサウナや塩サウナなど充実の設備で、ガンガン汗を出したい時にお薦めです。水風呂と交互に入ると、もう体中のあらゆる汗腺から汗が噴き出してくる感覚を味わえます。

全身の水分を入れ替えるような気分で、爽快感は格別です。

湯上りには水分補給を十分に・・・

特にたくさん汗をかいたあとは、休憩場所でゆっくり飲み物を摂りましょう。その時はあまり感じなくても、あとから急に渇きを覚え、体調が悪くなることすらあるので、風呂上り直後の水分補給が大切です。

個人的には、やっぱり生ビールが一番!たまりません・・・
(本当は、カラダには良くないそうなので、お薦めはできませんが・・・)

近所の銭湯、郊外のスーパー銭湯、ちょっと遠出して日帰り温泉、一泊二日で温泉旅行。

週末には銭湯巡りして、カラダも癒されココロも潤い、翌週も元気に頑張りましょう!

この記事で使われている画像一覧

  • 20100928163528

本記事は、2013年11月02日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

期間限定のPRコンテンツをチェック!

もっと見る