生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon hobby趣味・娯楽

  1.  
  2.  
  3.  
  4.  
  5. 猫に健康で長生きしてもらう為に知っておきたい事(お世話編)

猫に健康で長生きしてもらう為に知っておきたい事(お世話編)

2013年10月29日更新

 views

お気に入り

はじめに

一緒に暮す猫、やっぱりいつまでもずっと長く健康でいて欲しいですよね。
当たり前の話ですが、猫は人間とは違う生き物です。

人間がお世話してあげないと、猫にとって良い環境を保つことはできません。

そのことを踏まえた上で、猫に健康で長生きしてもらう為に知っておきたい事を、シーン別にまとめました。

今回は”お世話編”です。

猫に健康で長生きして貰うためのお世話

その1:ボディタッチで健康チェック

ふわふわつやつやの毛を持つ猫。思わず触ってしまいますね。そのボディタッチを利用して、身体の不調にいち早く気付きましょう。

毛玉ができてないか、ノミやダニが居ないか、耳や目は綺麗か、爪は伸びすぎてないか、身体にボコっとしたり固い所はないか、よくチェックしましょう!異変を感じたらすぐ動物病院へ!

その2:毛をブラッシング

ブラッシングをこまめにしておけば、猫の毛で散らかることもありませんし、なにより毛玉を吐くことから解放してあげられます。長毛種の猫はこまめにブラッシングを!

毛の流れに沿って、脇の下なども嫌がらない様に丁寧にブラッシングしましょう。ブラシを嫌がる場合は手を軽く濡らして撫でてあげるだけで、毛の抜ける時期はごっそり手に毛がとれますよ!

その3:爪切り

爪が長いと家や家具、人間が傷付くとともに、猫自身が自分を掻いたりすることで傷が出来易くなります。ボディタッチでチェックしながらこまめに切ってあげましょう。

爪は1回につき2~3mm、ピンクの血が通ってる場所は切らないように2~3mm以上あけて切りましょう。嫌がるようだったら1指ずつにしたり、動物病院にお願いして切ってもらったりしましょう

その4:猫グッズをキレイに

トイレはもちろんのこと、猫ベッドや猫タワーなどの毛もコロコロでキレイにしましょう!

猫は排尿器官に病気を抱えやすく、キレイ好きなので、トイレは必ずキレイに清潔に保ってあげましょう!

その5:特に必要ないお世話

犬などと違って猫には特に必要のないお世話についてちょっとご紹介。

  • シャンプーしてあげること
猫はキレイ好きですし、匂いや汚れは常に毛づくろいでキレイにしています。濡れる事も大嫌いでシャンプーがストレスになることも。頻繁なシャンプーも猫の毛や皮膚に必要な油脂を落とすことにもなりかねません。
もしシャンプーするときは、初夏の暖かい時期に1回、まだ気候が寒くなる前の初秋に1回くらいのペースにしましょう。
猫の体調が悪い時は絶対に避けましょう!洗うときは優しく、ぬるま湯で!油脂を落としすぎない様に注意!

おわりに

今回は”お世話編”でした。色々挙げましたが最後に一番大切なのは猫に愛情を掛けながらお世話をすること。お世話をする時に褒めながらやってあげたり猫にも自分にも喜びのあるお世話をしたいですね。

関連記事

猫に健康で長生きしてもらう為に知っておきたい事(暮らし編)
猫に健康で長生きしてもらう為に知っておきたい事(食事編)
猫に健康で長生きしてもらう為に知っておきたい事(水分補給編)

この記事で使われている画像一覧

  • 20100929173143

本記事は、2013年10月29日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

期間限定のPRコンテンツをチェック!

もっと見る