生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon hobby趣味・娯楽

  1.  
  2.  
  3.  
  4.  
  5. 猫に3日でおすわりを仕込む方法

猫に3日でおすわりを仕込む方法

2015年03月03日更新

 views

お気に入り

はじめに

自由気ままにわが道を行く猫ですが、訓練しだいで握手やお手、輪くぐりなど、犬なみの芸をする力を秘めています。

家の猫に芸を仕込んで、友達を驚かせてみませんか?

用意するもの

  • クリッカー:ペットショップやオンラインで300円程度
  • 30cmくらいの棒
  • ごほうびのおやつ:一口サイズのもの

やり方

犬のトレーニングとして注目を集め始めた「クリッカー」という方法を使います。

STEP1

クリッカーは、ほめて育てる方式のしつけです。まずは「クリッカーの音=いい事が起きる」ことを理解させます。

猫の小腹がへっている時間帯(ご飯前がベスト)に始めましょう。

クリッカーをならすと同時に、用意したごほうびをあげます。猫が音とごほうびの関係を理解するまで、数十回続けます。

  • ごほうびは猫の好物を一口サイズにしてあげます。大きすぎるとすぐにお腹がいっぱいになり、興味をなくしてしまいます。
  • 餌の与えすぎが気になる場合、通常の餌の量を少し減らしてみてください。
  • 慣れてきたら、ごほうびとしてブラッシングや抱っこなど、猫の喜ぶことをしてあげてもよいでしょう。

STEP2

次に、求めることを猫が実施したときにクリッカーをならし、「特定の事をする=いい事が起きる」ことを理解させます。

棒を見せ、猫が棒に触れたらクリッカーをならしてごほうびをあげます。棒の場所を移動させたりして、しっかり目標に向かわせましょう。

STEP3

これで基礎ができたので、お手・お座り・握手・ハイファイブなど好きな動きを仕込んでいきます。

猫が偶然かわいらしい動き(手で顔を覆うなど)をしたときに、すかさずクリッカーをならしていると、その動きを進んでやるようになります。

STEP3を繰り返すことで、覚えのよい猫であれば1日で、たいていは数日でお座りやお手を教えることが可能です。

参考動画:

おわりに

クリッカーは、猫とのコミュニケーションツールとして使えるので、爪とぎやひっかき癖などを直すことも可能です。

工夫次第でいろいろできるので、ぜひ試してみてくださいね!

この記事で使われている画像一覧

  • 20100928044914

本記事は、2015年03月03日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

期間限定のPRコンテンツをチェック!

もっと見る