生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon life生活・ライフスタイル

  1.  
  2.  
  3.  
  4. 日差しを室内に入れない!窓ガラスフィルムを貼る方法

日差しを室内に入れない!窓ガラスフィルムを貼る方法

2012年11月22日作成

 views

お気に入り

目次

はじめに

節電・猛暑と厳しい夏がここ数年続いていますね。

特に部屋の暑さは、窓際からの直射日光の影響を大きく受けます。

今回は来年の夏に備えて、窓ガラスフィルムの貼り方などをご紹介いたします。

来夏に向けて試したい、窓ガラスに貼るフィルム

文字通り窓ガラスにフィルムを張ります。

身近なところでは、自動車・電車などにも使用されています。

フィルムはどこで入手する?

フィルムはgoogleで検索すると様々な商品がでてきます

「どれくらい光を通したいか」などを考えながら選ぶことをおすすめします。

貼る方法

貼り方としては大きく3手順になります。

1:フィルムをカットする。

まず、購入したフィルムをカットします。

窓ガラスのサイズより、少し大きいくらいのサイズにカットしましょう。

2:フィルムを貼り付ける。

フィルムを窓ガラスに貼り付けます。

このときに、フィルムの糊面(貼り付ける面)に薄めた中性洗剤をかける事をオススメします。

洗剤などにてフィルムの糊面を滑りやすくすることで、貼った後の修正が簡単になります。

3:フィルムを密着させる。

フィルムと窓ガラスの間にある水分・洗剤を落として密着させます。

ガラスの水切りに使う道具(スキージー)を用います。

スキージーを使用して、気泡と水分をフィルムの外まで押し出します。

水分が抜けて、フィルムが動かなくなればフィルム貼付け完了です。

余談

実際に貼ってみるとわかりますが、かなり手間がかかります。

日差しが気になる窓が多いとき、窓の横幅が1.5mを超えるときなどは業者に依頼するほうが安くなるかもしれません。

(photo by 足成足成)

この記事で使われている画像一覧

  • 20121120100930 50aad84a5ae08
  • 20121120103303 50aaddcf38288

本記事は、2012年11月22日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

期間限定のPRコンテンツをチェック!

もっと見る