生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon hobby趣味・娯楽

  1.  
  2.  
  3.  
  4.  
  5.  
  6.  
  7.  
  8. 駆け引きを楽しもう!ポーカーの始め方

駆け引きを楽しもう!ポーカーの始め方

2013年10月29日更新

 views

お気に入り

はじめに

ポーカーは、友達とやったり、テレビゲームのミニゲームに入ってたりと、覚えておくと何かと楽しいですね。詳しく覚えようとすると奥深いのでのめり込める人も多いと思います。

ここでは、まったくの初心者でも「これだけ知っておけば大丈夫!」というゲームの流れやルール等についてご説明します。

始めたきっかけ

著者がポーカーを始めたきっかけは、友達と始めたように記憶しています。ルールは遊びながら段々と覚えていきました。

テレビゲーム内のミニゲームでも覚えていました。役の一覧表もついていたので、楽しみながら覚えることができました。

ポーカーの概要

ポーカーとは、決められたカードの組み合わせによって成り立つ「役」の強さを競い合います。

まず最初に、全員の手札が5枚になるように、山札からトランプをひきます。その後、より強い役を目指すか、手持ちのカードから一番近い役を目指すかを選択しながら、手札と山札のカードを交換していきます。最終的な役の強さを競いあうゲームです。

ゲームの大まかな流れ

STEP1:手札を揃える

山札からカードを順番に引いていき、それぞれの手札が5枚になるようにします。

STEP2:枚数を指定してカードを山札と入れ替えていく

必要に応じて、手札から捨てた枚数と同じ枚数を、山札から引くことができます。

この交換を繰り返すことで、より強い役を目指していくのです。

STEP3:揃った手札で勝負する

最終的にできた役の強さを競いあいます。

役の強さだけでは勝敗は決まらない

ポーカーの面白さとして

必ずしも強い役を作る必要はない

という点が挙げられます。

ポーカーでは、相手に勝つことができないと判断した場合、自分から勝負を降りることで被害を最小限にすることができる「フォルド」というものがあります。

このルールを利用し、たとえ手札で強い役ができていなくても、ハッタリをきかせることで、相手に

「自分より強い役を揃えている」

と思わせ、フォルドさせることができれば、勝利となります。役の強弱では勝敗が決しないところに、ポーカーの面白さがあります。

どのような準備が必要か?

役を覚える必要がある

当たり前のことですが、役を揃える必要があります。ここでは代表的な役をいくつか挙げておきます。

  • ワンペア:同じ数字が2枚揃っている
  • ツーペア:ワンペアが2組ある
  • スリーカード:同じ数字が3枚揃っている
  • ストレート:5枚の手札が階段上になっている
  • フラッシュ:同種札(ハートやクローバー)が5枚揃っている
  • ストレートフラッシュ:ストレートとフラッシュがある
  • ロイヤルストレートフラッシュ:A、K、Q、J、10でストレートフラッシュができている

下にいくほど、強い役となります。

他にも役はありますので、役を覚えるまでは、役が書いてあるメモ等を持っておけば、完全に覚えていなくてもゲームを楽しむことができますよ。

ローカルルールなどがある場合もあるので、始める前にご確認された方がよろしいかと思います。

おわりに

いかがでしたでしょうか。

運だけでなく、駆け引きも重要なポーカー。ぜひ遊んでみてくださいね。

(photo by ビリヤード by june29)

この記事で使われている画像一覧

  • 20121121224047 50acd9df2ce89

本記事は、2013年10月29日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

期間限定のPRコンテンツをチェック!

もっと見る