生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon hobby趣味・娯楽

  1.  
  2.  
  3.  
  4.  
  5. ちょっとマニアな巨大大仏・大観音の楽しみ方

ちょっとマニアな巨大大仏・大観音の楽しみ方

2013年10月30日更新

 views

お気に入り

はじめに

皆さんは、休日はどこへ行きますか。今回は、あまり人が見に行かないようなところですが、迫力のある巨大大仏・大観音について、紹介します。

日本中にいろいろな巨大大仏・大観音があります

牛久大仏

世界一の大きさ(120m 台座込み)で、ギネスブックにも載っている牛久大仏。もちろん、大仏の中にも入ることができ、近くにふれあい動物公園もあり、のんびりできます。

上野から常磐線で行けるのも魅力的です。大仏以外にも、ピクニック気分で回ることができます。

牛久大仏

仙台大観音

ゴルフ場のすぐ近くにあり、近くにあるのもニュータウンです。しかし、パワースポットとまでは言えませんが、100mの大きさの大観音はやはり存在感があります。同じ境内に縁結びの大黒様もあります。

仙台市の市制100周年を記念して、高さを100mにしたそうです。

仙台 大観音

淡路島世界平和大観音像

淡路島に立つ100m(台座込み)の観音像です。今は閉鎖され、中に入ることはできません。一説によると倒壊の危険もあるとのこと。神戸からも肉眼で見ることができることができるので、遠くから楽しみましょう。

世界平和大観音像

加賀大観音

近くに遊園地があったのですが、閉鎖されてしまい、今は大観音だけ見ることができます。73mなので、それなりに迫力はあります。

しかし、体内を見て回ると、なんとなく経費削減の努力が伝わってきて、ありがたみもちょっと削減して伝わってきてしまいます。

加賀温泉郷

その他

北海道大観音(芦別市)や久留米大観音(久留米市)なども有名ですが、行ったことがなく、説明ができないので、今回は書きませんでした。

おわりに

大仏・大観音なら、それだけでありがたみがありますが、それが巨大なら、更に迫力も加わります。微妙に周りの風景になじんでいないところもたまりません。

この記事で使われている画像一覧

  • 20100929121347
  • 20100929121420
  • 20100929123815
  • 20100929124336

本記事は、2013年10月30日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

期間限定のPRコンテンツをチェック!

もっと見る