\ フォローしてね /

曲選びは事前に!会社仲間とカラオケを楽しむコツ

「 じゃ、二次会はカラオケ行こっか!」

と、カラオケは二次会の定番の一つですよね。気心の知れた友達どうしの場合と違って、会社仲間と行く場合はちょっとした気遣いがあると、より楽しめると思います♪

今回は
- 会社の仲間とカラオケに行くときに覚えておきたいポイント
- よくあるシーンとその対処法
についてご紹介します。

会社の仲間とカラオケに行くときに覚えておきたいポイント

ポイントその1:曲選びは事前に

「何歌おうかなー」

と自分が歌う曲を、他の人が歌っている時に選ぶことが多いと思います。でも人が歌っているときは、なるべくノッてあげましょう。いまどきのカラオケ屋さんはどこでも、知っている曲はほぼ網羅されているので、

  • 得意&好きな曲
  • 盛り上がる曲
  • しっとりした曲

の3曲くらいを事前に決めておくといいでしょう。

ポイントその2:洋楽はなるべく選ばない

私自身、洋楽のほうが大好きなのですが、ウケたためしがありません。歌唱力の問題のほうが大きいかもしれませんが(苦笑)。

会社仲間とのカラオケでは、大好きな洋楽を歌いたい気持ちをぐっと堪えて、邦楽を選んでおいたほうが無難です。

ポイントその3:楽器があるなら積極的に使う

曲の間奏は何となく、手持ち無沙汰感が漂います。タンバリンなどの楽器があればそれを使いましょう。また歌っているときにも楽器が鳴っていると盛り上がっている雰囲気が出ます。

よくあるシーンとその対処法

シーンその1:積極的に歌う人がいない

初めてのメンバーで行った場合などによくありがちなのが、みんな譲り合って歌おうとしないケースです。

みんなわたしより歌うまかったらどうしよう。

という思いで、まずは様子を伺ってみたりします。

そんな時でもぜひ、トップバッターを買ってでましょう!もし幹事役なら、あえて苦手な曲(キーが高めでうまく歌えない曲など)を選曲をしてハードルを下げると、場の緊張感がほぐれるかもしれません。

シーンその2:マイクを握って離さない人がいる

大河のような広い心を持って、気持ちよく歌わせてあげましょう。

おわりに

カラオケに行って大きな声で歌うことで、ストレス発散にもなります。会社仲間は、同じ仕事で同じようなストレスを抱えているものです。みんなで歌ってスカッとストレス解消しましょう!

このライフレシピを書いた人

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。