生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon travel旅行・おでかけ

  1.  
  2.  
  3.  
  4.  
  5. オーストリアでに長期滞在するときのアドバイス

オーストリアでに長期滞在するときのアドバイス

2013年10月31日更新

 views

お気に入り

はじめに

オーストリア在住の筆者がオーストリアでの長期滞在について紹介します。

長期滞在の状況と日程

状況

筆者はオーストリア人の友人がいたため、旅行中は友人の家に滞在し、ドイツ語レッスンに通ったりドイツやイタリア旅行をしていました。

ちなみにオーストリアは日本との特別な協定によって日本人は6ヶ月まではビザ無しで滞在可能です。

滞在した時期

それぞれ約2,3ヶ月長期滞在をしていました。

  • 2010年10月~12月
  • 2011年3月~6月

オーストリアへ旅立つまで

現地人ほど頼れるものはなし

現地に知り合いがいて一人旅でも大丈夫という安心感があったので初めての海外でのロングステイ先にオーストリアを選びました。

オーストリアについて予習

ガイドブック、ドイツ語の本などを購入してオーストリアでの滞在に備えました。

旅行の手配

旅行会社の見積もりデータと航空会社での見積もりを比較したあとに個人で直接航空会社に予約しました。

費用

渡航費15万~20万。

知り合いの家に滞在していたということもあり、生活費などは3,4万ほどで済みました。

長期滞在の利点

短気旅行とは違って時間はたっぷりとあるので自分のペースで生活出来ることが大きかったです。またドイツ語レッスンではオーストリア人以外にもたくさんの国の人達と知り合えました。

そして現地の人の家に滞在したことでオーストリア人の生活や文化などにも触れる機会が多く毎日が刺激のある生活でした。

長期滞在を通して感じたこと

言葉の違い

知り合ったオーストリア人はみんなとても親切でしたが、ドイツ語が全く分からない時は彼らと一緒にパーティーへ行っても周りの言っていることが分からず辛かったです。当時よりマシになった今でもドイツ語だらけの場にいるととても疲れます。

食生活の違い

オーストリアの食事は量も多く、脂っこい物が多いため長く滞在するにつれて日本食が恋しくなりました。日本食の材料も手には入りますが値段が高いので頻繁に食べられるわけではありません。一時期はお腹が空いているのに食べ物を受けつけない状態にまでなりました。

どんなに好きな国でも嫌いになる時がある

短気旅行ではこのままオーストリアに住みたいと思っていた筆者ですが、最初の長期滞在では文化の違い、言葉の違いにストレスを感じてオーストリアが嫌いになりました。今は大体慣れましたが当時は気持ちに余裕が無く、毎日イライラして過ごしていました。

良い国だと思っていても長く住んでいるとその国の悪い点、不便な点も見えてきます。筆者にとっては長期滞在はこんな思いまでしてオーストリアに住みたいのかと冷静に考える期間でもありました。

日本の常識は通用しないと考えなければならない

何か納得のいかないことがあってもこう思うことで気持ちが少し楽になれました。

おわりに

異国に長く住むことでその国の良いところではなく、悪いところも目にしたと同時に日本がいかに便利で住みやすい国なのかという事も実感しました。また、筆者は元々人見知りが激しい方でしたが、オーストリアで多くの人と接しているうちに少し克服出来たようにも思えます。

楽しいことよりも大変なことばかりの滞在でしたが、結果としてやはり行って良かったと感じています。

(photo by 著者)

この記事で使われている画像一覧

  • 20121120235706 50ab9a429cba9

本記事は、2013年10月31日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

期間限定のPRコンテンツをチェック!

もっと見る