生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon travel旅行・おでかけ

  1.  
  2.  
  3.  
  4.  
  5.  
  6.  
  7. タイ旅行で困った時に使いたいフレーズ

タイ旅行で困った時に使いたいフレーズ

2013年10月29日更新

 views

お気に入り

はじめに

筆者が経験した、困ったシチュエーションで使いたかったフレーズをご紹介いたします。

男性と女性では語尾が違うので、女性の発音は「( )かっこ」で表しています。

困ったシチュエーション3選

1:計算間違いされている時

タイの方はどうも計算が苦手の様で、結構お釣りの計算を間違えたりします。(チップのためにわざと間違えている説もありますが、、、)

自分で計算しておいて、間違っていたら使ってみてください。

「キッ グン ピット ルプラオ クラップ(カ)」計算が間違っていませんか

2:押し売りをお断りしたい時 その1

道を歩いているだけで、日本人は本当によく話し掛けられます。笑顔で無視するのが一番ですが、しつこくて無視しにくい時に使ってください。

また、お店などのショップ店員に話しかけられた時も「ごめんなさい。タイ語わからないの。」とちょっと申し訳ない風に使ってみてください。

「マイ カオチャイ クラップ(カ)」わかりません

3:押し売りをお断りしたい時 その2

以前、タイの観光地の露店でアクセサリーを買った時、おじさんの売り子がお釣りを返してくれませんでした。どうも、このお釣りで他の物も買ってくれと言っている様でした。

筆者、タイ語が話せませんでしたし、とりあえず日本語で「お釣り返して!」と手を出してしばらく言い続けてやっと返してもらいましたが、場を離れても一緒にいた別のおじさんの売り子が「これ買ってよ。(たぶんそう言ってる。)」と付いてくるのです。あまりにしつこいので「いらないって!」とずっと日本語で叫んでました。

この時を振り返るとすごく恥ずかしいし、スマートにお断りしたいと反省しました。

「マイ アオ!」いらないってば! 
どうぞしつこい売り子に使ってください

おわりに

日系のスーパーや大きいデパートの日系の本屋に行くと、日本語のフリーペーパーが置いてあります。その中にも良く使うフレーズが書いてあったりするので、一度手に取ってみてください。

(photo by 著者)

この記事で使われている画像一覧

  • 20121119123745 50a9a9897c078

本記事は、2013年10月29日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

期間限定のPRコンテンツをチェック!

もっと見る