生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon life生活・ライフスタイル

  1.  
  2.  
  3.  
  4. 週末にスーパー銭湯でリフレッシュする方法

週末にスーパー銭湯でリフレッシュする方法

2012年05月01日更新

 views

お気に入り

はじめに

今週の疲れを翌週に持ち込まないのって、大事ですよね。疲れって、なんで溜まっていくんでしょうか。嫌ですよね。

土日でリフレッシュして翌週に疲れを持ち込まないように、週末はスーパー銭湯など手軽な温浴施設を利用してみてはいかがでしょうか。

最近は掘削技術が発達してるから、近所のスーパー銭湯に汲み上げの温泉出来てるかもしれませんよ。笑

まずは行ってみよう

最初は、一人で行くのに抵抗があると思います。銭湯って聞くと、お年寄りがいっぱい居て、ご近所談義に花が咲いて、飛び込みのお客さんは肩身が狭いイメージってあると思います。

一人は嫌なら、誰かを誘えば良いのです。

近所のお友達を誘って、まずは行ってみましょう。

自分に合った所を探す

銭湯によって特色があるでしょうから、そこが自分にとって合ってるかをみましょう。車が使えれば、行ける範囲で幾つかあったりしますから、その中から自分に合っている所を探しましょう。

清潔の感覚とか、人それぞれですしね。お風呂も、新しくて綺麗なのがいいのか、古くても落ち着きのある感じがいいのか、好みが分かれます。自分好みの所を見つけましょう。

一緒に行く人は、同年代や家族などを誘えば、趣味やチェックする所が似てるから、お気に入りの銭湯を探すのに良いと思います。気に入った後、一緒に行く人も同時にゲット出来ますしね。笑

無理して自分好みで無い所に行くと、逆にストレス溜まっちゃいますから、自分が気持ちよく利用出来る所を探しましょう。

準備

銭湯を自分なりに楽しむために、入浴に良さそうな道具を自分で揃えてみましょう。お風呂セットがあった方が、特に女性は楽しめると思います。

  • タオル

お風呂で体を隠したりするのに使う物、体を洗う物、体を拭く物、湯上りの汗を取る物、など必要に応じて用意しましょう。

  • シャンプー・リンス

銭湯で用意してある場合も多いのですが、自分好みのが使いたければ持参しましょう。

  • ボディーシャンプー

銭湯で用意してある場合も多いのですが、自分好みのが使いたければ持参しましょう。

  • バスバッグ

お風呂の中に洗顔料などを持ち込む時に便利です。

  • 洗顔料

洗顔料は用意してある所は殆どないので、必要なら持参しましょう。

  • ヘアバンド

顔を洗ったりする時や、お風呂に入る時に、持っていると便利です。

  • ブラシ・くし

持参した方が良いと思います。

  • 着替え

休憩入れて出たり入ったり出来るような所なら、下着は余分に持って行くと気持ちよく過ごせます。

体調管理

お風呂でのリフレッシュは、自分の体調が悪い時にはやめましょう。お風呂の中で倒れると困りますし、リフレッシュしに行って風邪ひいて帰ってきてもつまらないです。

水虫などが気になる方もいらっしゃると思います。水虫の原因になる白癬菌は、そんなに強い菌でもないので二十四時間以内に自宅のシャワーなどで流してしまえば感染しにくいようです。

この二十四時間っていうのが曲者で、日中に銭湯に行き、翌日の夜に入浴というと二十四時間以上経ってしまいます。気になる方は、当日の夜か、翌日の朝にでも、ざっとシャワーで流してみてください。

おわりに

銭湯は、お風呂も気持ちよいですが、休憩室や脱衣所など、自宅と違って温度管理がキチンとしていて気持ちよいです。冬場に床暖房のある銭湯に行くと帰りたくなくなります。笑

自分にあった銭湯を探して、コマメにリフレッシュしてみてください。

この記事で使われている画像一覧

  • 20100928102114

本記事は、2012年05月01日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

期間限定のPRコンテンツをチェック!

もっと見る