生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon housing不動産・住宅

  1.  
  2.  
  3.  
  4. 受験後から引越し先を探す方法

受験後から引越し先を探す方法

2013年11月04日更新

 views

お気に入り

著者は大学受験後、すぐに引っ越し先を探した経験があります。そこで、経験を踏まえた引越し先を探す方法ご紹介します。

受験後、引越し先を探す方法3選

1:受験時に校門で配布物を配っている資料を参考にする

受験日、必ず校門に、不動産会社のチラシの配布をしています。その時、必ずチラシはもらい、保管をしておきましょう。受験を終了したらどの物件がいいかチラシを見て、赤ペンでチェックしましょう。

チラシに大学周辺賃貸協力加盟店と掲載されている不動産会社を中心に探すことをお勧めします。主に学生をお客様とし賃貸を紹介している不動産なので、家賃が安かったり、仲介手数料が安くなったりと良心的です。

2:学校のホームページを参考にする

学校のホームページで賃貸について検索してみましょう。

学校名と厚生課・賃貸で検索をしてもいいですし、学校のホームページの学生課・厚生課などで調べれます。

学校によっては、一般下宿・間貸・アパート・学生寮が検索できるページがあり、簡単に調べることができます。

生協がある学校は、下宿相談をしている大学もあるので、入学手続きで学校に行った時に相談してみましょう。

学校のホームページを見ていると寮の情報がたくさんあります。焦って賃貸を探す必要はないです。

4年生大学なら、最初1年寮に入ってそこで友達を作ってから、大学2年に賃貸に引っ越すという友人も多かったです。友人の寮は郵送で申し込みだったため、地方からわざわざ出て引越し先を探す手間もかからなくてよかったと言っています。

3:先輩に聞く

同じ学校に先に進学していた先輩に相談をお勧めします。地方から引越しを考えている場合、すぐに学校付近に行き引越し先を探すのは難しいからです。

先輩と知り合いじゃない場合、担任の先生にお願いをし、連絡をとってもらい、「どう引越し先を見つけたか」を尋ねてもらいましょう。

友人は、先輩に相談すると自分の引越し先を探した方法だけではなく、同じ学校の友達が引越し先を見つけた方法まで調べてくださったそうです。

不動産会社に行く際のポイント

できるだけ平日に探しに行き、もし土日なら、朝早くから不動産会社に行き混雑を避けることをお勧めします。

引越し先を探す時,特に合格発表後の土日は、親子連れで物件を探す人が多く、不動産に行列ができていることが多いです。

筆者が物件を決めたときの体験談

著者は大学合格後、すぐに引越し先を探しました。1日使って色々な不動産会社を回りました。予算(月何万円ぐらいの賃貸)にあった物件を探していましたが、チラシに掲載されている物件はもう他の人が決まったりして、思い通りの物件はなかなか見つかりませんでした。

しかし、最後に行った不動産会社の方がとても親切で、予算面だけではなく、様々な面を見てくれました。

女性1人でも安心なように、大家さんが近所の物件だったり、女性が多く住んでいる物件など探してくださり、物件を下見するのも「せっかくだからいっぱい見たほうがいいよ」とおっしゃってくださりました。

結果、5つも物件を見につれていってくださいました。物件を色々と見たおかげで自分の良いと思った物件を見つけることができました。

著者は学校の入学式の3日前に引っ越しました。入学式の前日だとバタバタしてしまうので余裕をもって3日前にしました。入居日は、不動産会社側が「いつ入居しても大丈夫ですよ」と配慮してくれました。

おわりに

引越し先を探した体験で思ったことは、「これから進学する学生である特権をしっかりと使う」ということです。

著者の通った学校で紹介する物件には仲介手数料がかからない物件もありました。良い物件を見つけたから良かったのですが、学校の紹介する仲介手数料が無料の物件でも良かったかなと少し思っています。

また、合格が決まったらできるだけ早く引っ越し先を探さないといけないと実感しました。良い物件は早く決まっていきます。

(Photo by ~足成

この記事で使われている画像一覧

  • 20121120083747 50aac2cbcc892

本記事は、2013年11月04日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

期間限定のPRコンテンツをチェック!

もっと見る