生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon hobby趣味・娯楽

  1.  
  2.  
  3.  
  4. ペットを飼う前に確認したいペットの医療費

ペットを飼う前に確認したいペットの医療費

2012年08月16日更新

 views

お気に入り

はじめに

可愛いペットを飼う時は、嬉しい方が先にたってマイナスの部分をあまり考えないものです。でも、ペットの医療費ってかかるんですよね。

元気な子をお迎えして、何事もなければいいけど、そうもいかないものです。ペットを飼う前に、ペットの医療費やペット保険などを確認してみましょう。

ペットの医療費

ペットの種類によって、医療費が毎年確実にかかる場合と、病気した時のみかかる場合があると思います。

犬などは、予防接種が必要ですから毎年確実にかかります。さらに他の病気をしたりしたら大変です。

ペットの種類にもよりますが、ペットを手に入れる時の金額に気をとられて後のことを考えないのはトラブルのもとです。

ペット保険

ペットの医療費のことを考えたら、ペット保険への加入をお勧めします。ペットの種類や年齢によって入れる時期が変わりますので、キチンと調べてみた方が良いと思います。

ペット保険とは

ペットの医療費は全額自己負担となります。そこを補償するためのものがペット保険です。

ペット保険には統一した契約内容は無く、各保険会社で個別に契約内容が変わっています。

自分のペットに合ったものを自分で探して契約しなくてはいけません。

対象のペットの種類

犬・猫・小動物がその対象となります。犬用の物が一番多いようです。逆に鳥やうさぎなど小動物を扱っているペット保険は少ないみたい。

補償内容

保険会社によって補償の内容が変わります。補償される範囲は、かかった医療費の何パーセント、と、いう形が多いようです。

回数制限や金額の制限がかかっている場合が多いです。

保険料

ペットの種類や年齢によって変わっていきます。

支払い

後日請求するタイプが殆どのようです。

一部の保険だけ、対応している病院で保険金の請求はその場でカードを提示するだけで済むようです。

おわりに

保険が大変なのはペットも人間も一緒みたいです。

内容が複雑なので、医療費対策にペット保険を探すのも大変みたいですが、ペットの医療費は高いのでチェックしてみた方が良いかもしれません。

この記事で使われている画像一覧

  • 20100927233601

本記事は、2012年08月16日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

期間限定のPRコンテンツをチェック!

もっと見る