生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon travel旅行・おでかけ

  1.  
  2.  
  3.  
  4.  
  5. 「女性のための」夜行バス安全乗車3つのポイント

「女性のための」夜行バス安全乗車3つのポイント

2012年08月06日更新

 views

お気に入り

はじめに

夜行バスは、非常に優れた移動手段です。料金の安さはもちろんのこと、移動時間=睡眠時間と効率面でも優れています。

しかし、女性にとっては予期せぬ痴漢被害に遭ったり、望まぬ隣席の男性から話しかけられたりと、トラブルに遭う可能性もある場所です。女性専用バスを利用するのも良い方法ですが、人気であるため、いつも席が確保できるとは限りません。

女性専用でない夜行バスも、あなたのちょっとした心構えで、充分安全に乗れるものです。今回は、気をつけるべきポイントを3つに纏めました。

気をつけたい3つのポイント

スカートで乗らない

夜行バスにはすっぽりと体が収まるほどの大きな毛布がついています。しかし、眠っている間にはだけてしまうことも多々あります。できるだけ、スカートで乗らないようにしましょう。

またスカートで乗る場合でも、シフォンのスカートやプリーツスカートは避け、タイトスカートやAラインのものにした方が安心です。ミニスカートは問題外です。

毛布をしっかりかぶる

毛布ははだけてしまわないように、きちんと被りましょう。夏は冷房、冬は冬で自然に寒いもので、空調の具合に関わらずバスの中は冷えます。暑くてかぶれないという事態にはならないはずです。

さっさと寝る

話しかけられ続けて迷惑な思いをすることも多い女性。ウォークマンやiPodなどで話しかけにくい雰囲気を作り、眠れなくても眠った振りをした方が安全です。サービスエリアから戻って来た時も同様です。

この時、イヤホンから音が流れていなくても構いません。本当に音楽を聞く場合は、当然ですが音漏れに注意しましょう。

さいごに

何か不愉快だと感じることがあったら、すぐに運転手さんに助けを求めましょう。「このぐらいで騒ぐのは恥ずかしい」というのは危険な考えです。

それから、これは女性に限ったことではないのですが、貴重品の管理には充分気をつけるようにしましょう。

本記事は、2012年08月06日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

期間限定のPRコンテンツをチェック!

もっと見る