生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon moneyマネー

  1.  
  2.  
  3.  
  4. 1年で15万円のお金を貯める方法

1年で15万円のお金を貯める方法

2012年09月15日更新

 views

お気に入り

はじめに

皆さんは、貯金をしていますか?

貯金と言ってもタイプは様々。1年で100万円貯める人もいれば、全く貯められない、もしくは赤字の人もいます。今日はまず、簡単に始められてしかも継続しやすい貯金方法を紹介します。

いきなり1年で100万円は、ハードルが高いと感じる人も多いことでしょう。ここでは、1年で10万円~15万円の貯金を目指します。

用意するもの

貯金のための箱

貯金箱とは限りません。持ち合わせが無ければ、空き箱でも結構です。重要なのは、貯金のために新しく物を買わないということです。

財布の空きスペース

小銭が入る部分に、ひとつ空きを作っておいてください。外出先で、ここに貯金用の小銭を移します。

いよいよ貯金を始めます

目標額を、365で割り算してみましょう。1日いくら貯めればいいか見えてきます。例えば10万円なら274円、15万円なら411円です。多いと感じるか少ないと感じるかは人それぞれですが、貯金ペースの目安として心に留めておきましょう。

コーヒー、ジュースを我慢したら200円

外出先でコーヒーやジュースを買いたくなったら、我慢しましょう。もちろん、飲まなければ健康を損ねてしまいそうな場合は、迷わず買いましょう。

我慢できたら、その小さな努力を「つもり貯金」に変えます。200円・・・できれば300円を、財布の空きスペースに移します。それを、帰宅したら貯金の箱に移しましょう。

端数を貯金

物を買っておつりを貰ったら、100円以下は端数とし、財布の空きスペースに移します。これは、募金箱に端数を入れる感覚と似ているかもしれませんね。そして、やはり帰宅後は貯金の箱へ移します。

さいごに

ボーナスがもらえる人は、もらえなかった「つもり貯金」でなるべく貯金に回すようにしましょう。15万円貯まったら、使ってしまわないように定額貯金や定期に入れてしまうことをお奨めします。

本記事は、2012年09月15日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

期間限定のPRコンテンツをチェック!

もっと見る