生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon life生活・ライフスタイル

  1.  
  2.  
  3.  
  4. ガソリンをできるだけ使わない運転のポイント

ガソリンをできるだけ使わない運転のポイント

2015年03月03日更新

 views

お気に入り

「車の燃費が悪くて・・」

と嘆く方の車に乗せていただくと、どうやら共通の運転方法があるようなので、それを踏まえて、できるだけガソリンを使わずに運転するポイントを少しご紹介します。

ポイントその1・・AT車は、できるだけ右足を使わない

車の燃費が悪いと言われる方によく見られるのが、常にアクセルもしくはブレーキに右足を使っている乗り方。走っているときは常にアクセルを踏んでいて、止まる時にブレーキを踏み続ける。そして、再発進からまたずっとアクセル・・・。

でも、AT車って、一度スピードを出すと、アクセルを踏んでいないのに、なかなかスピードが下がらないんですよね。AT車の惰力走行って、けっこう長く走れるんですよ。

法定速度まで速度を上げたら、右足をアクセルから離して、惰力で走り、少々スピードが下がっても、後ろに車が居なければ、そのまま惰力で走り続ける。そうすれば、止まる時も、ブレーキを強く踏まずに止まる事ができます。ということは、ブレーキの消耗も減らすことができますよね!

ポイントその2・・MT車は、右足よりも左足を多用する

MT車も、基本はAT車と同じで、右足をできるだけ使わない方法で良いと思うのですが、MT車が惰力走行するためにはクラッチを離さなければならないので、左足が動くことになりますよね。右足よりも左足をこまめに動かせば、ガソリンもブレーキも、あまり使わない運転ができるはずです。

ポイントその3・・前方の信号も意識する

前方の信号が黄色もしくは赤色なのに、アクセルを踏み続ける方もお見受けしますが、前方で止まる事が事前に分かっていれば、惰力走行で十分ですよね。ブレーキにも優しいはず。

おわりに

惰力走行している時って、エンジンの音がほとんど無いのに、車は流れるように進むんですよね。気持ちがいい上に、お得な走り方ですよ!

本記事は、2015年03月03日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

期間限定のPRコンテンツをチェック!

もっと見る