生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon hobby趣味・娯楽

  1.  
  2.  
  3.  
  4.  
  5. はじめてのゴルフコンペ!メンバーと楽しんで帰ってくるためにしておくこと

はじめてのゴルフコンペ!メンバーと楽しんで帰ってくるためにしておくこと

2014年02月20日更新

 views

お気に入り

はじめに

秋本番、会社関係のお付き合いゴルフコンペに参加しなければ! ということも少なくないですよね。

自分の友達と行くゴルフとはまた違って、上司や取引先の方々への気配りも大変です。

ましてや、ゴルフ初心者だと自分のレベルの上達もしないといけないので、なにやら色々と気がかりなものです。せっかく自然の中で、プレーできるのですから、存分に楽しんで帰ってきたいですよね。

まずは、迷惑にならないペースでラウンドできるレベルになりましょう。

ゴルフ愛好者は本当にプレーすることに生きがいを感じ、コンペに参加しているものです。かなり真剣です。

そんな時に、いくらゴルフビギナーだからといって、甘えられるものではありません。

”スポーツ競技”に参加してるのだ、という意識の元、最低限、自力で、チームのペースを遅らせることなく、周れるレベルまでにはレッスンしておくのが、基本中の基本。経験上、そう痛感しました。

一度は、ゴルフ練習場などの講師について基本を習得しておくと、上達が早いですよ。

準備は万全に。現地へ向かう車でも、なごやかな会話で楽しさを演出!

意外とわすれがちなのが、雨具や防寒具です。

ゴルフは自然の中で、長時間にわたってプレーします。
そしてどんな天候でも、決行するような過酷なスポーツでもあるのです。

特に秋は、スタート時に晴れていても、午後になって急に雨になることもありますね。ゴルフウエアはばっちり決めていても、意外と雨具や防寒具が手薄になってしまいがち。

一度、上司に防寒具を借りてプレーしましたが、やはり、気を使って しまい楽しめませんでした。やはり準備は万全にしておきましょう。

現地向かう車の中から、楽しい前向きな会話を心がけましょう。

ゴルフ場へは同僚などの車に分乗して行くことが多いですよね? 

ここからプレーがスタートしてる!ぐらいの気持ちで、眠りこけたり、黙り込んだりせずに、楽しい会話に心がけましょう。

お菓子の差し入れなんかするのも、場が和みましたよ。

いよいよゴルフコンペ開始! ビギナーだからと教えを乞うたり、甘えたりという態度は逆効果ですよ

きびきびと、自分の力でさわやかにプレーしましょう!

競技になると、上級者はプレーに熱中してます。ビギナーを丁寧に教えながら、ということは、最初はあっても、途中からはまず無いと思います。

今まで、積み上げた自分の力で最後まで、さわやかにプレーしたほうが、楽しめますよ。

チームのプレーには、積極的に「ナイスショット!」と声をかけましょう。

疲れてくるとムードが沈うつになったりしますが、ここで、明るく声がけすることで、雰囲気がガラッと変わってきます。自分のときもフォローしてくれます。

おわりに

ゴルフも色々と決まりごとがあります。それに長時間のチームプレーでもありますから、最低限、迷惑のかからないように練習し、準備も万全に。

結果よりも雰囲気作りするように心がけたら、結果はどうあれ、とても楽しく、達成感のある一日になると思いますよ。

この記事で使われている画像一覧

  • 20100928170118

本記事は、2014年02月20日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

期間限定のPRコンテンツをチェック!

もっと見る