生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon family家族・人間関係

  1.  
  2.  
  3.  
  4.  
  5. 職場で気の合わない同期との付き合い方

職場で気の合わない同期との付き合い方

2013年10月29日更新

 views

お気に入り

はじめに

「こいつとは馬が合わない」そう感じる同期は、少なからず一人はいてもおかしくありません。

そういう人は趣味が合わなかったり、話す内容がないことで、話の内容が薄くなり、自然に苦手になっていき、やがて馬が合わないと思うようになることがほとんどです。

業務の話をする

話の内容が無いのであれば、定番かつ一番盛り上がるであろう仕事の話をしましょう。たとえば、「業績を上げるにはどうしたらいいか?」や「この業務に必要な参考書はどれか?」など聞いてみましょう。

また、後日教えてもらったものを実際に使用した感想などを伝えることで、次の話のネタにも繋ぐことができます。

上司の話をする

どの会社に行っても、性格の悪い上司はいるものです。人は悪口などで共感を得ると仲間意識を持つという傾向があります。共通の敵を持つことで、心のベクトルが同じ方向に向くためです。

それを利用して、嫌いな上司の悪口をいいましょう。

また、先輩の話をするのもいいかもしれません。上司までは行かなくても、共通となる先輩がいればその人の話で盛り上がりましょう。

自分ばかり言い過ぎると、上司に告げ口される恐れがあります。相手の量と同じ程度の悪口を言うようにしましょう。

後輩の話をする

先輩の話と同様に、後輩の話で盛り上がることもできます。仕事のできる後輩、いじりがいのある後輩、駄目な後輩などたくさんの後輩がいると思います。

そんな後輩を一人一人話題にだしていくことで、話のネタが膨大に増えます。

おわりに

要は、会話内容を会社の話に限定することで、共通の話題が発生し、少なからず付き合っていくことができます。

上司や後輩の話は、同期間でしかできない部分も多数あるので、業務の話がなくなったらこれを使いましょう。

また、多数の共感を得ることもできるため、苦手意識も次第に薄くなっていき程よい関係になると思います。

(photo by 足成)

この記事で使われている画像一覧

  • 20100928005855

本記事は、2013年10月29日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

期間限定のPRコンテンツをチェック!

もっと見る