生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon hobby趣味・娯楽

  1.  
  2.  
  3.  
  4.  
  5.  
  6. かしこいメガネの選び方

かしこいメガネの選び方

2013年10月29日更新

 views

お気に入り

  はじめに

最近安くておしゃれなメガネ屋さんが、増えて来ました。

それで失敗しがちなのが、ぱっと見て「かわいい」「かっこいい」などと、あまり深く考えないで購入してしまうということです。

後から、なんだか老けて見えるとか、どうも顔が大きく見える、などということのないように、ちょっとしたメガネの選び方をお教えします。

 輪郭による選び方

これは一般的に言われていることです。

  • 丸顔…下の縁がないもの。上下幅の狭いもの。フレームのラインの細いもの。
  • 四角顔…四角いフレーム以外のもの。
  • 三角・菱形…丸いフレームのもの。
  • 面長…上下幅のあるもの。下の縁だけあるもの。(上だけ縁のあるものは顔の長さを強調してしまいます)

イメージによる選び方

小顔に見せたい方は大きめのフレームにしましょう。

中でも菱形の顔の方は、横幅のあるフレーム(顔のいちばん広いところと同じ幅)がよいでしょう。

目の下のたるみや目元の皺が気になる方は、太めのフレームを選ぶとそちらに目が行くので、ほとんど気にならなくなります。実際太めのフレームの方は、若く見えますね。

生活環境による選び方

本を読んだまま寝てしまい、そのままフレームが変形してしまった…などということはありませんか?

枕元に置いたメガネを朝踏んでしまったり…。などという方は、今CMなどで話題の形状記憶メガネがよいでしょう。

スポーツなどで動くことが多い方は、超軽量のメガネもあります。どうしても、メガネがずり落ちるという方にもおすすめです。

おわりに

デザイン的なことだけ書きましたが、もちろんかけ心地や、モノがよく見えるということは当たり前です。

メガネを買う時は、お店の方のおススメに従うよりも、あなたのことをよく知る方と一緒に行くのがよいかもしれません。よく似合う、すてきなメガネを選んでください。

この記事で使われている画像一覧

  • 20100927161151

本記事は、2013年10月29日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

期間限定のPRコンテンツをチェック!

もっと見る