生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon hobby趣味・娯楽

  1.  
  2.  
  3.  
  4.  
  5. 意外とハマる、初めてのシガーバーの使い方

意外とハマる、初めてのシガーバーの使い方

2012年11月15日更新

 views

お気に入り

はじめに:こんなご時世だからこそ

どんどん禁煙スペースが増えて、というよりもいつの間にか逆転現象を起こしてしまっています。その関係もあって喫煙スペースで屯する喫煙者も増えてきています。

そこでおすすめしたいのがシガーバーです。名前の通り、葉巻がメインではありますがタバコを専門に扱うバーのことです。

タダの喫煙所で終わらない

実際に同僚といってみる

意外と思われるのですが、探してみるとシガーバーというのは都内や繁華街を中心に多く点在しています。入ってみると大きな喫煙所といった感じの場所になっています。

内装としては、タバコの自販機と葉巻を売っているコーナーがある以外は通常の喫煙所です。ただ葉巻を売っているお店というのがなかなか興味深い存在でもあります。

単純に葉巻を売っているだけではなくライターもそうですが、海外のタバコも取り扱っているところもあります。映画でしか見たことのない銘柄があったり、全く知らないタバコがあったりします。

試しに吸えるようにバラで置いてあり、実際に味見ができるようになっています。葉巻の場合、火をつけても放置しておくとそのまま消えるようになっているので、一度吸って味を確かめることが可能なのです。

経済的なのは実は葉巻だったりします。確かに高いのですが、吸わなければすぐに火が消える。つまり吸っていなければ燃え進むこともないのですから。

それはさておき、単純に喫煙所だけでなく新しい銘柄に出会うこともあり、喫煙所以上のスペースとして楽しめすところとなっています。

意外な仕事スペース

まさか、な話

シガーバーに行くうちに周りの人と仲良くなっていきましたが、そこから新しい取引先ができることもありました。意気投合した方がたまたま同業者で情報交換していくうちに取引の話にまでなりました。

もちろん稀な話とも言えなくもないですが、シガーバーという環境だからこそ気軽に話もできたかもしれません。抑圧されている喫煙者だからこそ簡単に話もできました。それ故の利点と言えるかもしれません。

デメリット

葉巻に変えることも考えられますが、元々高いのに加えて10/1から税金が引き上げになりだいぶ高くなってしまいます。シガーバーからも税金引き上げがつづいて人が減っていると聞きます。

税金問題から葉巻から普通のタバコに変える方もいるそうです。なので葉巻にすることは敷居が高くなっているといえるかもしれません。

ただそれがメリットとなっているのが席。人が減っているので悠々と座れますし、自分の定位置を決めることもできます。

さいごに:税金が上がっても

もちろん健康問題があるかもしれないです。ただきちんと付き合っていれば上記の通りうまいコミュニケーションや商談のきっかけともなります。健康に悪いともいわれますが、実のところ貯めこんでしまうのが最も悪いんです。

ですのでストレスを貯めてしまうぐらいなら吸ってしまったほうがいいのかもしれませんね。

本記事は、2012年11月15日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

期間限定のPRコンテンツをチェック!

もっと見る