\ フォローしてね /

いざ、名刺交換!ビジネスマナーのポイント

名刺交換はビジネスシーンはもとより「礼節」と「縁」を重んじる日本ではさまざまな場面で行われる重要なコミュニケーションの手段です。

「今後ともよろしくお願いいたします」というお付き合いの始まりですからそのマナーの善し悪しが以降の人間関係に少なからず影響を及ぼします。

今回は「ビジネスシーン」での名刺交換についてマナーのポイントを紹介します。

名刺交換の基本中の基本

名刺を切らしてしまって相手に渡すことが出来ないといった事態は絶対に避けるべきです。

よく次回お会いしたときにお渡しする旨を告げ、「次回にお渡しする」または「郵送する」といったことを聞くことがあります。しかしやはり名刺を切らしていてはビジネスの最初の一歩に踏み出せないと心得ましょう。

名刺交換のタイミング

どちらが先にお渡しするのか?

  • 基本は目下の者から目上の方へ
ここでの「目下の者」とは、ビジネスで「お金をいただく」「お仕事をいただく」立場にある者です。

交換時の挨拶

「○○商事 営業第1課の 日の本一太郎 と申します。よろしくお願いいたします」

を添えます。

名刺交換は立って行うのが原則です。お渡しする方の正面に良い姿勢で立ち、お渡しする時に会釈をします。

手元で注意すること

  • 相手に向けて(相手に見ていただく)出す
  • 文字に指がかからないように

交換後の置き場所

いただいた名刺を机(テーブル)に序列順で並べることは「敬意を払う」ことの表明です。また、相手方の着席順に並べるのもいいでしょう。こうすることで、「誰と会話しているのか」をちゃんと認識しているという印象を持たれます。

会談中は出しておき、目上の方がしまったら自分もしまうようにします。

名刺交換の順番

当社は「部長」「課長」「担当者」の3人、先方も同様とし、当社「部長」⇔先方「部長」から名刺交換を始め上図のように流れます。最後に「担当者」どうしが交換をし終わったら完了です。

イレギュラーな順番となってしまった場合

  • 例:目上の方が先に名刺を出した場合

素直に「ありがとうございます」と受け取り、即座に自分も出します。

  • 例:同時に差し出してしまった場合

これは、よくあることです。この場合は片手で受け渡しを行います。

おわりに

客様とお会いするそのときに礼を尽くすというのが本来の目的ですから、些細なことにこだわってしまって逆に礼を失することになってしまわないよう注意しましょう。大切なことは礼を尽くすことに終始することです。

(image by 足成)
(image by 筆者)

このライフレシピを書いた人

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。