生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon travel旅行・おでかけ

  1.  
  2.  
  3.  
  4. プラネタリウムを楽しむ方法

プラネタリウムを楽しむ方法

2013年10月30日更新

 views

お気に入り

いっかくじゅう座の星雲(狐の毛皮、クリスマスの木と呼ばれてます)
(Photo by Hubble Space Telescope)

プラネタリウムを見よう

プラネタリウムは日本各地に沢山ありますが、みなさん知らないようで行かれてないのでは?

生解説のが、タイムリーな天体情報も聞けて解説員さんによっては質問も受けてくれ、とてもいいですよ。

今回は、プラネタリウムを楽しむ時のポイントとオススメのプラネタリウムをご紹介します。

番組を選ぼう

プラネタリウムに行ってもオートプログラムだとがっかりすることもあります。
幼児向け番組ならまだ、耐えられますが
夏休みなど、集客の為かアニメを流してたり星をまるっきり流して無い時もあります。
各施設の投影番組情報を調べて行ったほうが良いです。

プラネタリウム番組でお勧め
銀河鉄道の夜 加賀谷さんの傑作です。

ドームの中に入ったら

プラネタリウムは宇宙空間なので圏外なので携帯の電源を切りましょう。液晶画面が照らされるとドームを照らし星を消してしまいます。
もちろんデジカメ撮影なんてダメですよ。

無駄話もダメです。せっかく、みなさん星に酔ってますから邪魔になります。

トイレは始まる前に済ませましょうね。

見やすい席

ドームの形状でも多少違いますが、ほとんどが南を向いてセットされてるいるんです。

たまに、同心円セットされてる場合がありますが、共通していい場所は解説者の近くなんですよ。つまり北側です。南天を見渡せる場所が最高なんですよ。

その場所ってリクライニングになってない場合がほとんどですが、
それでいいんです。全体がそれで見渡せるのでリクライニングになって無いのですよ。
眠くなりにくいので最良席なんです。

投影機の裏は絶対に避けましょう。
投影機が邪魔で大事な南天がすべて見えません。
そして南に近すぎると北側がのけぞらないと見えません。
迷わず解説者の近くに行きましょう!

そして、席についたら、目を閉じて始まるのを待ちましょう。暗さに慣れてすぐに満天の星を楽しめますよ

そして双眼鏡があるとメガスター級の投影機があるところでは、天の川の一つ一つまで見ることが出来ますよ。

もし地震があったら、目を閉じましょう。目を開けてたら、気分が悪くなりますよ。

サンゴ礁星雲
(Photo by Hubble Space Telescope)

東京近郊格付け

私の行ったことのあるプラネタリウムを紹介しますね

解説方法  N 生   A オート  S双眼鏡あるといいです

順位 プラネタリウム名 解説 料金 備考
横綱 モバイルスーパープラネタリウム大平 貴之 N,A,S ?円 突如街にやって来て開催 千葉県立現代産業科学館など
1位 ギャラクシティ N,A,S 200円 解説が素敵(東京足立)
2位 六都科学館 N,A,S 1000円
3位 なかのZERO N,A 200円
4位 葛飾区郷土と天文の博物館 N,A,S 350円
5位 千葉科学館 A,S 500円 夜7時からの星空散歩が好きです
6位 千葉県手賀沼親水広場 N 0円 素敵な解説員さんが一人います
7位 柏プラネタリウム   N 0円 ボランティアが運営してます、日本で2番目に小さいプラネタリウム
8位 NAOKO SPACE PLANETARIUM N 52円 旧松戸市民会館プラネタリウム
9位 ユートリヤ・スターガーデン N,A 400円 (東京隅田区)
10位 サンシャインスターライトドーム満天 A,S 1000円 マシンのメンテ必要リゲルが消えた

参考に

☆の数
4等星まで       480個
4.5等星まで    870個
5等星まで      1571個
5.5等星まで    2859個  肉眼で見える範囲
6等星まで      5103個  性能の低いプラネタリウムの投影数
6.5等星まで    9040個 
7等星まで     15935個
7.5等星まで   26584個
8等星まで     46172個
12等星で       20万個
メガスターは    2000万個

おわりに

もし、上映中寝てしまったら
それは、星に酔ってしまい心から癒された証拠です。
千葉科学館のようにお昼にリフレッシュタイムと言う番組があり
お昼ねしてもらおうと考えてるぐらい
プラネタリウムは寝てしまっても当たり前なんですよ。
プラネタリウム是非楽しんで観て下さい。

この記事で使われている画像一覧

  • 20100929101416
  • 20100928205842

本記事は、2013年10月30日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

期間限定のPRコンテンツをチェック!

もっと見る