生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon life生活・ライフスタイル

  1.  
  2.  
  3.  
  4. 入場前なのにチケットがない!ライブチケットを紛失した時の対処法

入場前なのにチケットがない!ライブチケットを紛失した時の対処法

2012年11月15日作成

 views

お気に入り

はじめに

楽しみにしていたライブのチケットを無くしてしまった・・・!
しかも、当日の入場前に!

そんな経験、ありますでしょうか?筆者は、あります。会場前に到着し、友人と合流して、さあチケットをという、まさにその瞬間「チケットがない」ことに気がついたのです。

このような場合、どのように対応すればよいのでしょうか?筆者の実体験を踏まえて、ご説明させていただきます。

チケット紛失時の対応法

1.とにかく落ち着きましょう

「友人のチケットも私が持っていたのに!」「一体、いつ、どこで落としてしまったのか?」

考えれば考えるほど、頭の中は混乱してしまうでしょう。

まずは深呼吸し、落ち着くこと。パニックになっている暇などないのです。無理やりにでも冷静な自分を引っ張り出しましょう。深呼吸は、とても大事なポイントです。

2.とにかく探しましょう

鞄の内ポケット、洋服のポケット、本の隙間、化粧ポーチの中・・・。あらゆる手荷物の中を「丁寧に」「じっくり」探してみましょう。

特に財布の中、小銭入れの中、カードの隙間なども忘れずに!!「ハンカチの間にチケットが挟まっていた」ことも、実際にはあるのですから。

3.チケットの発券履歴を探しましょう

どうしてもチケットが見つからない。定期入れを取り出す際に、鞄から落ちてしまったのかもしれません。あるいは、うっかり自宅に置いてきてしまったのかもしれませんね。

ですが、自分の行動を振り返る時間などありません。早急に、チケットの発券履歴を探しましょう。

<有力な証拠になるもの>

  • 購入時のレシートや領収書
  • e-plusやローチケ等のWeb購入画面
  • クレジットカードの支払い履歴

「自分がこのチケットを購入した履歴」を探すことです。日頃から、チケット等のレシートは、捨てずに財布の中に貯めておくといいかもしれません。

筆者の場合「e-plus」でチケットを購入していたため、e-plusのWebサイト「申込み状況照会」の中に、チケットの購入履歴が残っておりました。

常日頃から証拠は必ず残しておくこと。「チケットを購入した証拠」がなければ、絶対に入場はできません。

4.とにかくお願いすること!

頭を下げてお願いしましょう

最大の重要ポイントです。「チケットを無くしてしまったのですが、どうにか入場できないでしょうか?」

スタッフ様に頭を下げ、必死にお願いしてみましょう。最初は必ず断られるはずです。「チケットがなければ入場はできない」。それが規則なのですから。

「購入履歴」を提示してみましょう

自分がチケットを購入していることをアピールしてみましょう。ただ、それでも断わられる可能性は高いです。

購入履歴はあっても、そのチケットを転売している可能性もあるからです。

提案してみましょう

「開演10分前になっても該当の座席が空席だった場合、入れてもらえないでしょうか?」

「該当の座席チケットをお持ちの方が来た場合は、必ず席を譲ります」開演数分前まで入場できないことになりますが、お願いし続ければ入れてもらえる可能性が高いです。(※必ず入場できるとは限りません)

ただし、入場にはチケット代がかかります。繰り返しますが、入場するためにはお金が必要です。つまり、2回料金を支払うことになります。それでも観たい場合は支払いましょう。

5.返金書類の存在

大手事務所等であれば、必ず「返金書類」を出してくれます。もしチケットが見つかった場合、入場時に支払ったお金を返金します」という書類です。

チケットが見つかった場合は、この書類に振込先等を記入し、チケットと一緒に郵送すれば、入場する際に支払ったお金が戻ってくるというわけです。

おわりに

ライブを楽しんだ後は、徹底的にチケットを探しましょう。駅、掲示板、歩いてきた道。その全ての工程に目を光らせ、チケットを見つけるのです。

筆者のチケットは、なんと最寄り駅の窓口に届けられておりました。早い段階で落としていたようです……。

この方法は、くれぐれも最終手段としてご利用くださいませ。

チケットの確認は2回、3回、いいえ、それ以上すること!前日寝る前、当日家を出る前、電車に乗る前にチェックです!

(photo by 著者)

この記事で使われている画像一覧

  • 20121109162051 509caed334f33

本記事は、2012年11月15日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

期間限定のPRコンテンツをチェック!

もっと見る