生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon moneyマネー

  1.  
  2.  
  3.  
  4. コツコツと貯金を続ける方法

コツコツと貯金を続ける方法

2012年09月15日更新

 views

お気に入り

はじめに

貯金するのって、大変ですよね。でも、貯めないと。いざという時に困ってしまいます。

大きな買い物する時とか、決めてからじゃ大変だもんね。結婚とか家の購入とか。

貯金する癖をつけておいた方が楽だから、最初は小額でもいいから貯金を始めた方がいいと思います。コツコツと貯金を続けるのに良さそうな方法を幾つか書き出してみました。

財形貯金

勤労者には、この方法が絶対おススメです。給料天引きの財形貯金。最低額は金融機関によるけど、1,000円くらいから始められると思います。

これがね、毎月天引きだから確実に貯まります。小額でも良いので、財形はしとくと貯まると思いますよ。

もちろん、ガッツリ貯めたい時にも便利です。実家住まいの方とかは、ガッツリ貯めといた方がいいですよ。結婚したり、一人暮らし始めたりするとなかなか貯まらなくなっちゃうから。

先に貯金する額を引いてあるから、残った給料は使い切っても安心なので気楽です。

毎月天引きの財形貯金で貯める

つもり貯金

○○したつもり、の、貯金です。小さな額だけど、置き換えでの貯金なら我慢はさほどいりません。

毎日のお昼の予算が決まっているなら、お弁当にして予算から材料費を引いた額を貯金したり、水筒を持っていって缶ジュースの分を貯金したりします。

この場合、まるっきり我慢してしまわないのがコツです。かわりに何かを用意して我慢するようにすれば続きます。

小銭貯金

財布に小銭が残っている時に、貯金箱に入れてしまう方法です。小銭がまったく無い状態も困るので、一定の額を決めておき、それ以上の小銭を貯金してしまう方法がおススメです。

ある程度の額が貯まったら通帳に入れてしまうのも良いし、小さな目標を立てて貯めて使ってしまう形にするのも良いかもしれません。

小銭貯金は大きな額が貯まるわけではないので、半年や一年などの単位での楽しみに使ってしまうのも良いと思います。楽しむ貯金が一方であると、大きな額を貯めていく方の貯金でのストレスが軽減されます。

おわりに

頑張らないと、なかなか貯金は貯まらないので、あの手この手で自分にチャレンジしてみてください。

自分の経験から思うに、大きな額の貯金は給料天引きでしていくのが良いと思います。残ったら貯金しよう、では、貯まらないと思います。

この記事で使われている画像一覧

  • 20100926010451
  • 20100926010517

本記事は、2012年09月15日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

期間限定のPRコンテンツをチェック!

もっと見る