生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon family家族・人間関係

  1.  
  2.  
  3.  
  4.  
  5. ものすごく気の合わない上司との付き合い方

ものすごく気の合わない上司との付き合い方

2013年10月29日更新

 views

お気に入り

はじめに

自分だけが気の合わない上司との付き合いなら、軽く流す感じで「敬して近寄らず」を実践すればよいのですが、職場のみんなから嫌われているような上司との付き合い方を考えてみましょう。

気が合わない理由を考えよう。

多くの嫌われ上司の行動パターンを観察すると、次のような共通点があります。

  • 自分の出世のことしか考えていない(部下は自分の出世のための手段だと思っている。)
  • やたらと精神論や一般論ばかりふりかざす
  • 自分の話は皆が聞くに値する尊いものだと思っている。

そこで、こういう上司とうまく付き合う方法を考えてみましょう。

やり方

対策を一言で言えば、徹底的に論理で物を考え、可能/不可能とできる/できないを混同しないということに尽きるでしょう。

できないことは、理由を添えて「できない」とはっきり言う

到底達成できそうにない数値目標を掲げて、それができないのはお前らの創意工夫と努力が足りないからだという上司が結構います。

不可能なことは不可能なので、それについて考えるだけ時間の無駄です。

かといって、あからさまに反抗したり、不満の意を表明したりすると、上司の機嫌を損ねます。

やんわりと、諭すように「できないものはできない」と知らせてあげましょう。

「その数値目標は○○○の状況から見て達成不可能ですが、課長のご意向であるということだけは承っておきます。」
「ご趣旨に応えることは難しいですが、なるべくその数値に近くなるよう、仕事をいたしましょう」

このように、慇懃無礼な答弁をしておけば、上司は肩すかしを食らったようになります。

みんなの慇懃無礼な態度を見ているうちに、上司は不安になって、部下に媚びを売ってくるでしょう。

お説教は反抗せず同意せず

上司というのは、自分の経験は絶対的に価値のあるもので、自分の話は傾聴に値するものだと信じています。

でも、実際には上司の訓戒のようなものが仕事の役に立つことは滅多になく、たいていは上司のガス抜きの役に立っているだけです。

なので、ガスを抜いてあげることを考えていればよいでしょう。

「はい、心がけるようにします。ありがとうございます。」
「はい、身に余るご助言ありがとうございます。」

何を説教されても、「ありがとうございます」で返しておけば、そのうち上司も疲れてきて話すのをやめるでしょう。

おわりに

IT化・情報化が進展するまでは、上司の話は価値のあるものという暗黙の了解がありましたが、今では年長者の知識や経験ほどアテにならないものはなく、逆に上司こそ部下に学ぶべきことがあります。

それは上司は部下に指示するな。むしろ決断力を見せて安心させよ。そうすれば仕事はうまくいくということです。

負けずに頑張ってください。

この記事で使われている画像一覧

  • 20100925160248

本記事は、2013年10月29日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

期間限定のPRコンテンツをチェック!

もっと見る