生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon life生活・ライフスタイル

  1.  
  2.  
  3.  
  4.  
  5. 友達へ結婚祝いを贈る方法

友達へ結婚祝いを贈る方法

2015年03月12日更新

 views

お気に入り

はじめに

結婚はおめでたいから、友達同士でもお祝いしたいですよね。でも仲間内で初めて結婚する方が出たとき、ちょっと悩みます。

最初が肝心。そこから後で結婚する方は同じようにすればいいけど、最初って意外と困るものです。そこで友達同士の場合の結婚祝いの仕方やお祝いの品の贈り方などを書き出してみました。

色んなやり方があると思いますが、参考にしてみてくださいね。

金額

友達同士で、結婚祝いの金額を決めておきましょう。結婚式や披露宴は招く人数に制限があるので、仲間内でも結婚式や披露宴に出席する人と、しない人に分かれると思います。

結婚式や披露宴に出席する場合の金額と、仲間同士でお金を出し合ってのプレゼントの金額と、分けて決めておくと良いと思います。

結婚式や披露宴に出席して、友人同士のお祝いも出す人も出ると思うので、一人当たりの額は抑え目にした方が良いと思います。

お祝いは、無理のない金額を友達同士で決めておくようにしましょう。

結婚祝いの選び方

結婚祝いの場合、物を渡すならリクエストに答える形の方が良いです。海外だとリストの中から選んで買うようですが、日本にはそういうシステムがないので、直接聞く形になると思います。

仲間内で予算を決めておき、その範囲内で買える物を選んで貰いましょう。

リクエストが特にない場合は現金で渡します。ご祝儀袋に入れて渡しましょう。可愛いご祝儀袋を選んだ方が喜んで貰えるとは思いますが、中に入れる金額に合わせた袋を選びましょう。

結婚祝いを渡す時期

お祝いを渡す時期は結婚式前か、新婚旅行から帰ってきた後くらいのタイミングが良いと思います。1,2ヶ月前か、1,2ヶ月後くらいまでの間が良いのではないかと思います。

結婚前後は忙しくて時間を取って貰いにくいかもしれませんが、結婚祝いなら時間を取って貰って直接手渡しする方が良いと思います。

パーティ形式

二次会というより、別日に会費形式でお祝いを贈る方法です。会費制でやるから一人一人の負担は少なくて済みます。プレゼント選びも、幹事さんにお任せすればよいので参加するだけの人は楽出来ます。

レストランなどを会場に行います。盛り上げ用のゲームなどを用意するなど内容は二次会に近い形になります。

新居訪問

結婚祝いを持って、新居を訪れる形です。招く側も緊張するかもしれませんが、招かれる側も緊張します。笑

メインの結婚祝いの品と、手土産としてお菓子などを持参すると良いと思います。

結婚前に実家で渡す

女性の場合、地域によりますが結納の品を見て貰うパターンってありますよね。その場合は、実家の方にお祝いの品を持って行きましょう。

祝う側も結納の品に興味があるでしょうし、結婚する家の方も見て貰いたいと思っていることでしょう。この場合は遠慮なく、結納の品を拝見させて頂きましょう。笑

お宅に伺うときには、手土産としてお菓子などを持参するようにしましょう。

お祝いの品

リクエストにこたえる方が良いですが、お勧めとしては実用的で便利な台所用品などが良いと思います。

私の仲間内での人気No1は食器乾燥機でした。

ZOJIRUSHI 食器乾燥機 EY-JE50-WB ホワイト

欲しい物は人それぞれなので、リクエストとらないと難しいです。サイズも測って貰ってから贈った方が良い物もあるし。良さそうな物があったから、と、勝手に選んで贈るより、リクエストを取ってからの方が良いと思います。

そもそも新居が、賃貸だったり、新居建てて入ったり、旦那さんの実家に入ったりなどパターンが色々なので、リクエストを取った方が確実です。

気持ちは小さなプレゼントで添える

お祝いの気持ちを自分なりに表現したい場合は、品物のセレクトに気持ちを乗せるより、カードなどを添えた方が良いと思います。

お祝いの気持ちで可愛い物や綺麗な物を贈りたくなりますから、綺麗なカードを添えたり、小さな花束を添えたり、可愛らしいお菓子を添えたりします。

おわりに

友達に結婚祝いを贈る時には、いずれ自分の番が回ってくると思って、素直にお祝いしましょう。笑

結婚の時期は、友達同士だと近くなりやすいです。お互い様の事なので、お祝いにお金をかけすぎないようにしましょう。

この記事で使われている画像一覧

  • 20100925003132

本記事は、2015年03月12日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

期間限定のPRコンテンツをチェック!

もっと見る