生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon cook料理

  1.  
  2.  
  3.  
  4.  
  5. コリコリした食感が絶妙!美味しいナマコを見分けるコツ

コリコリした食感が絶妙!美味しいナマコを見分けるコツ

2013年10月30日更新

 views

お気に入り

はじめに

ウニやヒトデと同じく棘皮動物(きょくひどうぶつ)であるナマコ。その見た目によらず、コリコリした食感でとても美味しい。

今回は、そんなナマコを、より美味しく召し上がっていただけるよう、特徴やその選び方をご紹介します。

珍味のコノワタはナマコの内蔵

カラスミなどに並ぶほどの珍味のコノワタは、ナマコの内蔵の塩辛のことです。ちなみに、卵巣から作られるのがコノコといい、どちらも酒と相性抜群のあてにぴったりです。

関東と関西では好みが違う

ナマコは、体の色により、アカナマコ、アオナマコ、クロナマコと呼ばれているが。関東では、皮の青いアオナマコが好まれている。そして、関西では赤い斑があるアカナマコが好まれている。

美味しいナマコを見分けるコツ

美味しいナマコの産地

能登半島や瀬戸内海、陸奥湾などが有名です。

ナマコの旬の時期

3月〜9月ぐらいに産卵期に入るため、冬の12月から3月が一番身がしまっていて美味しいです。

イボで見分ける

イボがはっきりとしていて形がくずれていないものを選んでください。

体色で見分ける

体色が鮮明ではっきりとしているものが良い。

触り心地で選ぶ

ぶよぶよしたものは鮮度が悪く、皮が張っているものを選んでください。

おわりに

ナマコは、あまりお目にかかる機会が少ないかもしれませんが、刺身も加工品のコノワタも非常に美味です。

せっかくですので是非、ナマコを買われる際は、上記のポイントを参考に、よりよいナマコを選んでいただけたらと思います。

(Photo by 赤ナマコ! / arakawakensuke)

この記事で使われている画像一覧

  • 20121111145131 509f3ce322669

本記事は、2013年10月30日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

期間限定のPRコンテンツをチェック!

もっと見る