生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon hobby趣味・娯楽

  1.  
  2.  
  3.  
  4.  
  5. 古着で節約オシャレをするときに注意しときたいポイント

古着で節約オシャレをするときに注意しときたいポイント

2013年11月01日更新

 views

お気に入り

はじめに

「服が高くて買えない!」

そう思って、オシャレを断念している人はいませんか?そういう人に取っておきの方法が、古着屋で節約してオシャレをする!です。

しかし、古着は中古品なので注意しておかないと、「お店では良さそうに見えたのに、いざ着てみると微妙だった。」ということがあります。

今回は、そのような古着屋でオシャレをする際の注意点を紹介していきたいと思います。

ポイントその1 ~色変わり~

一つ目の注意点は、色変わり即ち"焼け"です。服が焼けて傷んでいないかを注意して見てみてください。

服は太陽光はもちろん、ライトでも焼けてしまうので 服を広げて焼けていないかチェックしてみましょう。

ポイントその2  ~シミ汚れ~

古着で購入する際多いのが、このシミ汚れです。服の胴あたりを注意深く見てみると、2,3個点々とするシミがあることがあります。

色物ですと意外と気付かないのですが、購入後マジマジと見るとシミがあった。ということが多々あります。

ポイントその3  ~試着してみる~

サイズが○○だから購入しよう!

と思っても、古着だとサイズが少し微妙なことがあります。なので、新品のときの同じサイズでも、同様に購入するのではなく、一度試着してみることをお勧めします。

また、"古着"という概念が人それぞれ違うため、「こんなものまで売っているの?」とトラブルになりがちなので、未然にそれを防ぐためにも試着はしておきましょう。

ポイントその4 ~店(相手)の素性を知る~

これは、インターネット販売で注意すべきポイントです。ネットの中古専門店や、オークションでの個人販売では試着をすることができないので、相手の素性を知ってから購入するようにしましょう。

特に後者である、オークションの個人販売は、明らかの粗悪な品を写真技術でごまかしてあることもあります。それを防ぐためにも信頼のあるところから購入するようにしましょう。

おわりに

以上のポイントを抑えて、古着で節約オシャレに挑戦してみましょう。

古着に見えない着こなしや、古着の良さを最大限に引き出すことで、人と違ったオシャレをすることができると思います。

この記事で使われている画像一覧

  • 20100924215202

本記事は、2013年11月01日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

期間限定のPRコンテンツをチェック!

もっと見る