生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon moneyマネー

  1.  
  2.  
  3.  
  4.  
  5. コンビニで小銭を両替してもらうとき心掛けたい方法

コンビニで小銭を両替してもらうとき心掛けたい方法

2012年05月01日更新

 views

お気に入り

はじめに

小銭が貯まると両替したくなります。そんなときの知恵です。銀行窓口は平日午後3時までしか開いていません。

そこでコンビニやスーパーで、お店に迷惑にならない方法で両替をしてもらう方法がオススメです。特にコンビニは24時間営業ですから、お店にとっての空いている時間帯を狙えれば、逆に『小銭は助かります』と言われることもあるのです。

ポイント1 硬貨の種類ごとにまとめること

硬貨の種類ごとにまとめます。両替をお願いする時に、色々な額面の硬貨が混ぜたままでは、数えにくいのです。

コンビニのレジでは、たいてい「硬貨分類器」があります。これは硬貨ごとに50枚詰められる便利グッズのようなもの。レジ経験のあるかたならわかると思いますが、詰める作業自体はシンプルで簡単です。

本当に面倒なのは「いちいち区分けしなければならないこと」です。たとえ10枚でも、いろいろな硬貨が混ざっていると手間に感じられるもの。必ず分けておきましょう。

同じ硬貨ならば、50枚単位で、何度でも、単純作業で簡単に繰り返せるものです。瓶いっぱいに持って行っても、全部同じ硬貨ならば、数える時間は少なくてすむものなのです。

ポイント2 セロテープで留めないこと

100枚単位などにセロテープで留めないでください。数える時にテープをはがせば、ベトベトしてしまいます。ベトベトした硬貨は、機械の故障の原因になりやすく、自動レジには投入できないのです。

ポイントその3 質問だけでもレジに並ぶこと

『両替お願いしてもいいですか』と質問するとき、質問だけであってもレジに並びましょう。これだけで印象が全然違ってきます。

お客さんが少ないときでも、ふとしたタイミングでタバコだけ等で駆け込みのお客さんが入店してくるものです。硬貨を数えるタイミングはお店の人のペースに任せることが大切です。

 

おわりに

小銭は商店にとっても必要な物。お互いの利益になるように、ちょっとした心遣いで、円滑な両替ができるようになります。

この記事で使われている画像一覧

  • 20100927163110

本記事は、2012年05月01日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

期間限定のPRコンテンツをチェック!

もっと見る