生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon life生活・ライフスタイル

  1.  
  2.  
  3.  
  4. 洗濯機の容量を把握して正しい洗濯方法

洗濯機の容量を把握して正しい洗濯方法

2013年03月08日更新

 views

お気に入り

はじめに

洗濯しても、干しているうちに雑菌の匂いがしてしまうことがあります。実は空気中の自然な菌の働きとは限らず、むしろ服が洗い切れていないまま干してしまうことからくる弊害もあるのです。

きちんと洗い切れていないと、汚れが繊維の間に残っています。洗剤残りは雑菌を繁殖させる温床にになってしまいます。洗ってすすいでしっかり脱水してあると、同じに干してもまったく仕上がりが違ってきます。

ポイントその1 洗濯機の容量を把握しましょう

普段使っている洗濯機の容量を正しく把握しましょう。1回の洗濯で使用される水量は決まっています。適量の洗剤容量は、そこから導き出せます。1回に洗える衣服の量も決まってきます。

洗濯機に洗濯物を入れたときに、水がたまるラインよりも下を目安にするのがコツ。どんなに忙しくて1回で洗いたくても、水のラインを越える衣服の量では、洗い切れません。

『入る』ことと、『洗えている』ことは別なのです。衣服が洗えているためには、服、洗剤が、使用する洗濯機にとって「適量」であるかがポイントです。

ポイントその2 洗濯用洗剤は適量を

粉が溶けきらずに衣服についたまま残ってしまいます。今回の洋服は汚れがひどいから、と洗剤量を増やすのは逆効果。むしろ、1回の衣服の量を減らしたほうが、汚れは落ちやすくなります。

ポイントその3 液体洗剤も適量を

きちんと洗い流せないと、衣服にしみこんだままになってしまいます。衣服に洗剤残りがあると、肌への影響も心配です。特に冬はお肌が乾燥しやすいので、洗濯用洗剤の成分が肌荒れを悪化させてしまうおそれもあるのです。

おわりに

洗濯機の取扱説明書の後ろのほうに、洗濯機の大きさや容量の数字が掲載されています。洗濯は頭脳労働の要素があります。

データに基づいて、容量と用法を守れば、とても仕上がりが良くなります。数字を意識さえできるようになれば、あとは自己流で大丈夫です。 

この記事で使われている画像一覧

  • 20100925220424

本記事は、2013年03月08日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

期間限定のPRコンテンツをチェック!

もっと見る