生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon life生活・ライフスタイル

  1.  
  2.  
  3.  
  4.  
  5.  
  6. お風呂の小物をピカピカに保つ方法

お風呂の小物をピカピカに保つ方法

2013年10月29日更新

 views

お気に入り

はじめに

入浴時に重曹を利用すれば、重曹入りの残り湯で、お風呂場の小物をピカピカに保つ工夫が出来ます。ブラシなどで洗う必要がありません。残り湯を桶などに入れて、その中にお風呂場の小物を一晩つけおくだけです。

ピカピカに保つコツ

汚れてから洗うのではなく、最初から汚れをつけない工夫をします。入浴中に発生する石鹸やシャンプーの泡は、意識して流さないと残ってしまっているものです。

目には見えにくい泡成分は、乾いてシャンプーのポンプに付着してしまいます。もちろん、シャンプー台などを利用しているのなら、シャンプー台に重曹入りの残り湯をかけておきましょう。

入浴するとき、お湯に重曹を足します。天然重曹を買うときは、1Kg~2Kgの袋入りが経済的です。重曹は水まわりすべてで活用できるので大変お得で重宝しますよ。

使い方は簡単。湯船にお湯をはり、そこへ小さじ山盛り一杯を入れるだけ。普通に入浴してください。入浴後、そのお湯を再利用するわけです。

重曹の成分は、お肌に優しく効果が表れます。体を洗ったあとの皮膚に、じんわりと作用して肌の垢成分をキレイに除去してくれるとともに、血行促進の効果も働いてきます。

一晩つけおきでピカピカ持続です。

入浴後、洗面用の桶や、足湯用の桶に、湯船のお湯を入れます。そのなかにシャンプーやトリートメント、ボディソープなどのポンプや容器を立てて入れておきます。

一晩つけおくと、ポンプに付着している汚れがスッキリ落とされています。石鹸カスなどにはカビが生えやすいので、石鹸カスや、入浴中の泡は残さないようにするのがポイントです。

つけておいたお湯は、そのまま流して捨ててください。もちろん、それも排水溝を洗浄してくれます。

おわりに

重曹は市販の入浴剤と併用しても大丈夫ですが、小物をつけおきするときに色がついてしまうことがありますので注意が必要です。着色料を使用していない入浴剤なら問題ありません。

この記事で使われている画像一覧

  • 20100925095908

本記事は、2013年10月29日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

期間限定のPRコンテンツをチェック!

もっと見る